中国は日本のODAに感謝すべきか?「金貸しを援助と呼ぶとは恥知らず」「こんなはした金では全然足りない」―中国ネット

配信日時:2015年5月14日(木) 12時44分
中国は日本のODAに感謝すべきか?「金貸しを援助と呼ぶとは恥知らず」「こんなはした金では全然足りない」―中国ネット
画像ID  467208
13日、中国の掲示板サイトに、「30年間で2248億元を援助してくれた日本に感謝すべきか?」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからは援助は当然との意見が多く寄せられた。資料写真。
2015年5月13日、中国の掲示板サイトに、「30年間で2248億元を援助してくれた日本に感謝すべきか?」と題するスレッドが立った。

その他の写真

スレ主は、「外務省が南方週末に提供したデータによると、過去30年間の政府開発援助(ODA)は総額約3兆4000億円に上る。これが戦争賠償金を放棄したことに対する感謝の意なのか、それとも日中貿易のニーズゆえかにかかわらず、日本の援助が日中関係改善の象徴となり、初期のインフラ整備に大きく貢献したことは間違いない」と指摘。中国は日本に感謝すべきかどうか尋ねている。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これはただの商売だろ」
「明らかな金貸しなのに、それを援助と呼ぶとは恥知らずもいいところ」
「ODAは低金利の借金だ。しかも指定の日本製品を買わなければならない。銀行から金を借りて銀行に感謝などするか?」

「こんなはした金では全然足りない。中国人1人当たり1億米ドルを支払うべき!」
「日本の借款は中国市場を獲得するのに大いに役立ったんだよ」
「これで日本がどれだけもうけたのかという話だ。人口の多い中国市場と中国の妥協を利用しただけ」

「日本が無償で援助しているとでも思うのか?日本が中国に1ドル援助すると10ドルもうかるんだよ」
「われわれは感謝の気持ちを持つことはできるが、日本が援助するのは当然のことだ。当時、戦争賠償金を放棄しなければ、日本がこんなに発展することはなかったのだから」(翻訳・編集/山中)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事