日本に悪感情を抱いていた韓国人男性、初めての日本旅行で一変!=「心から日本に住みたいと思った」―韓国ネット

配信日時:2015年5月18日(月) 5時40分
日本に悪感情を抱いていた韓国人男性、初めての日本旅行で一変!=「心から日本に住みたいと思った」―韓国ネット
画像ID  467140
17日、家族旅行で日本を訪れた韓国人男性がこのほど、旅行の感想をつづったブログを韓国のインターネット上に掲載した。写真は福岡。
2015年5月17日、家族旅行で日本を訪れた韓国人男性がこのほど、旅行の感想をつづったブログを韓国のインターネット上に掲載した。

その他の写真

妻が福岡県に行こうと言い出した時、正直、僕は行きたくなかった。日本には全く興味がなかったし、むしろ漠然と悪い感情を抱いていたから。ところが、実際に行ってみると、日本はとっても魅力的な国だった。2泊3日の短い旅行だったため、隅々まで見ることはできなかったが、日本は本当に良い国だと感じた。特に、食べ物がとてもおいしかった。どこで何を買って食べてもすべておいしくて、一つ一つが丁寧に作られていると感じた。韓国でおいしい物を食べるにはネットでの下調べが欠かせないが、日本ではただ目に付いた店に入れば、おいしい料理が食べられる。それに、日本人は食べ物でふざけたりしないので、安心して食事を楽しめるところも良い。中国に行った時は、サムギョプサルを食べるだけなのに、とても不安な気持ちになったことを覚えている。

また、日本の道は本当に本当にきれいで、違法駐車車両も1台もない。心から日本に住みたいと思った。日本で暮らそうと妻に言ってみたが、それは駄目だと断られた。日本は本当に僕好みの国だった。期待せずに観た映画がとても面白かった時と似たような感情だ。一つ残念だったことは、トンカツを食べられなかったこと。おいしい物がたくさんあり過ぎて、休む間もなく食べ続けていたら、お腹いっぱいになってしまい、トンカツが入らなかったのだ。帰国して間もないが、もう次の大阪旅行を計画している。(翻訳・編集/堂本
最新ニュースはこちら

SNS話題記事