【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

独島に自生する韓国固有の植物に「タケシマ」の名=韓国ネット「これでは世界の誰が見ても日本の島」「植民支配された時代の名残をなくしていこう」

配信日時:2015年5月8日(金) 4時46分
独島に自生する韓国固有の植物に「タケシマ」の名=韓国ネット「これでは世界の誰が見ても日本の島」「植民支配された時代の名残をなくしていこう」
画像ID  466257
6日、韓国メディアは独島(日本名・竹島)に自生する韓国固有の複数の植物に「タケシマ」の名が付けられていると報じた。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は金浦空港駅構内の竹島模型。
2015年5月6日、韓国メディア・SBSは、独島(日本名・竹島)に自生する韓国固有の複数の植物に「タケシマ」の名が付けられていると報じた。

その他の写真

「タケシマ」の名が付いた植物は、日本でホタルブクロ、ハタザオ、キリンソウと呼ばれる花の一種。記事によると、独島に自生する韓国固有の植物だが、いずれも学名の一部が「タケシマ」となっている。これは、朝鮮半島の植物の多くが、日本統治時代に日本人学者によって名付けられたためで、独島が属する鬱陵(ウルルン)郡の植物のうち、「タケシマ」や、発見した日本人学者の姓を学名に含むものは32種あるという。

韓国山林庁の植物分類学者らは、「受け入れがたいことだが、学名を変えることは難しい」と述べるが、記事は事態を正そうとしてこなかった政府や植物学界を糾弾している。

これについて、韓国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられている。

「記事の内容自体は悔しいが、たくさんの人が読めば、きれいな花たちがきれいな韓国語の名前を持てるようになるだろう」
「テレビ放送とかで大々的に報じてほしい」
「学者たちは何をしてるんだ。国のために何ができるか考えろ」
「ムカつくし、頭に来る」

「日本統治が36年間続いたせいもあるだろうけど、無関心と事なかれ主義がこうした事態を生んだと思う。問題を指摘するときはいつも、もう一歩先を行っている日本を遠く見つめるだけが韓国の現実。指摘するだけでなく、問題を覆すだけの努力をすべき」
「こんなことでは、世界の誰が見ても日本の島だな。韓国はほんとに外交能力がない」
「国力がなかったとただ嘆くのではなく、植民支配された時代の名残を一つずつなくしていこう」

「難しい問題だ。最初に発見して学会で発表した人が学名を決めるということは、日本統治時代に日本人が先に発見して名前を付けた過去はどうしたって変えることができないし、今になって変えろと騒いだところで変えられる問題でもない。かといって、ただほっておいていい問題でもない」
「独島には竹が一本もないのに、日本では『竹島』と呼ぶことからして、日本人が独島についてどれだけ無知か分かる」(翻訳・編集/和氣)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事