Record China

ヘッドライン:

「日本から中国に帰るとお腹を下す」は本当?=「日本の良質な油の後に中国の地溝油、お腹を壊さない方がおかしい」―中国ネット

配信日時:2015年4月25日(土) 5時36分
拡大
22日、中国のネット上に「日本に長く住んだ後に中国に帰るとお腹を下すと聞いたのだが、本当?」との問いかけがあり、ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。写真は中国の屋台。
(1/2枚)

2015年4月22日、中国のネット上に「日本に長く住んだ後に中国に帰るとお腹を下すと聞いたのだが、本当?」との問いかけがあり、ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

その他の写真

「日本で5、6年間生活した後なら、日本の良質な食べ物で胃がデリケートになっているかもしれないが、1、2年間程度の短期間なら心配はない」

「デタラメだ。胃腸が弱いからお腹を下すのだ。私は屋台でお腹の調子を悪くしたことはないし、私の日本人の友人を中国の屋台に案内したこともあるが、彼らもお腹を下すことはなかった」

「日本と中国では食習慣が違うのだから、お腹を下してもおかしくはない」

「日本で5カ月分のお弁当を用意すればしばらくは大丈夫。そうそう、酸素ボンベの用意も忘れずにね。中国の大気汚染は半端じゃないから」

「味の薄い日本の食べ物に慣れた後だったら、中国の辛くて油っこいものは確かにお腹が反応するかもしれない」

「日本から中国に帰国した後にお腹を下す可能性は十分に考えられる。日本では緊張状態にあるが、中国に帰れば気持ちが自然と緩む。するとお腹も緩むはずだ」

「日本の良質な油を口にした後で、中国の地溝油(下水油。使い古しの食用油や家畜の内臓、残飯などから抽出した食用油)を食べる。お腹を壊さない方がおかしい」

ネット上では、デタラメだと反論する声も聞かれたが、多くは日本の環境に慣れると中国の劣悪な環境にしばらくは適応できないと指摘する声だった。(翻訳・編集/内山

関連記事

校長が毒味する日本について中国ネットが議論=「尊敬に値する」「日本も食品は安全ではない」「日本はもう終わった」―中国ネット

19日、中国版ツイッター・微博で、毒見のために生徒よりも30分早く給食を食べる日本の校長先生について紹介する投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年4月20日 10時44分
続きを読む

ランキング