Record China

ヘッドライン:

「礼儀は完ぺき」と自信満々だった私、日本の先生からの思わぬ指摘に「顔が真っ赤になった」―中国人学生

配信日時:2015年4月24日(金) 13時11分
拡大
日本政府観光局によると、2015年3月の訪日中国人観光客は33万8200人だった。中国人観光客のマナーの問題が依然、指摘され続ける中、南通大学の華萍さんは、日本の礼儀についてつづっている。写真はご飯。
(1/3枚)

日本政府観光局によると、2015年3月の訪日中国人観光客は前年比83.7%増の33万8200人だった。多くの中国人が日本旅行を楽しむ中で、彼らのマナーの問題も依然、指摘され続けている。南通大学の華萍さんは、自身が日本と関わっていく中で学んだ日本の礼儀作法について、次のようにつづっている。

その他の写真

「はい」と言いながら深くお辞儀をする。それが、私がテレビで知った最初の日本人だった。その時、私は日本人は真面目すぎるのではないかと思った。大学に入って日本語の勉強を始めたばかりの頃、「これから日本人と接するでしょう。日本人はみんな礼儀を重んじるから、普段から自分の仕草に注意しなさい」と母は言った。余計なことだと思った。いつも相手のことを考えて行動していたので、私は自信満々だったのだ。

そんな私は恥をかいた。とても親しい先生と一緒に食事をしている時、突然、先生が「あなたは日本人らしい礼儀作法をいろいろと身に付けていますね。でもね、もし将来日本に行きたかったら、1つだけ忘れないでください。食事をする時に『くちゃくちゃ』という音を出さないこと」と言われた。ちょうどご飯をかんでいた私は、これを聞いて顔が真っ赤になった。本当に穴があったら入りたいほど恥ずかしかった。その時からすぐに自分の悪い癖を改めようと決心した。

それから、いい仕草を身につける努力をした。教室を出る時は自分の物を片付け、誰もいない時には必ず電気を消した。外出時、ごみ箱が見つからなければ、自分の飲み終わったベットボトルはかばんに入れて持ち帰った。いつもごみをポケットに入れる私はよく友達に笑われたが、それでもいいと考えた。私は日本語だけでなく、日本人の礼儀作法も心から好きだ。人にできるだけ迷惑をかけず、できるだけ環境を保護する日本人を見て、日本はどんなにきれいな国なのか、自分の目で確かめたかった。

努力すれば必ず報われるもので、2009年10月のスピーチコンテストで最優秀賞の1人に選ばれ、東京に体験旅行に行けることになった。6日間の滞在中、私は何度も感動した。道ではごみ1つ見なかった。電車の乗降は、どんなに人が多くても必ず降りる人たちが降りてから、人々は電車に乗った。中でも一番印象深かったのはディズニーランド。一番人気のあるパレードの時にはあふれんばかり人が集まったが、パレードが終わり、人々が去った後にはごみは無かった。これが日本人だ。いつか自分の国もそうなったら、どんなにいいだろうか。

帰りの飛行機で、私は将来のやりたいことを決めた。周りの手本になる。ささやかな力でも、自分の国をもっと美しくするために。(編集/北田

※本文は、第六回中国人の日本語作文コンクール受賞作品集「メイドインジャパンと中国人の生活」(段躍中編、日本僑報社、2010年)より、華萍さん(南通大学)の作品「日本人の仕草が私に与えた影響」を編集したものです。文中の表現は基本的に原文のまま記載しています。なお、作文は日本僑報社の許可を得て掲載しています。

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。

関連記事

日本の思いやりに包まれて=「日本も中国も教えてこなかった日本人の貢献」―中国人女性

日本は先日、これまでに日本がアジアの国に対して行ってきた貢献を強調した約2分間の動画を作成し公開した。韓国で反発の声が上がっているが、長沙明照日本語専修学院の黄海萍さんは日本の貢献について作文の中でつづっている。

日本僑報社
2015年3月27日 12時4分
続きを読む

日本製には必ずあるものが中国製にはない!=「ソーセージを見るたびに情けなくなります」―中国人学生

2015年の春節連休期間中には、中国人観光客の「爆買い」が連日メディアをにぎわした。品質が良いことで中国人観光客に大人気のメイド・イン・ジャパンだが、大連交通大学の杜紹春さんはソーセージからメイド・イン・ジャパンの良さを感じたようだ。資料写真。

日本僑報社
2015年3月22日 7時30分
続きを読む

ランキング