Record China

ヘッドライン:

空自戦闘機のスクランブル回数が冷戦期並みに増加―米メディア

配信日時:2015年4月19日(日) 5時10分
拡大
18日、米国際ラジオ放送ボイス・オブ・アメリカの中国語電子版によると、2014年、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進した回数は前年より133回多い943回で、過去最多の冷戦期並みだったと報じた。
(1/2枚)

2015年4月18日、米国際ラジオ放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の中国語電子版によると、2014年に航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した回数は前年より133回多い943回で、過去最多の冷戦期並みだったという。

その他の写真

近年、領空侵犯の恐れがある外国機に対し、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進した回数は増加傾向にある。防衛省統合幕僚監部の発表によると、ロシア機に対しては前年より114回多い473回、中国機に対しては前年より49回多い464回だった。

2014年5〜6月に、中国機は日本が主張する日中中間線付近で監視飛行中の自衛隊機に異常接近するなどしており、防衛省は活動を活発化させる中国機の動向を分析している。

中国の尹卓(イン・ジュオ)海軍少軍は、日本の緊急発進の作戦部隊は非常に危険で惨事につながる可能性があるとしており、「日本が防空識別圏を中国沿岸の100キロメートル圏内にまで近づけており、中国の空中での活動範囲を必死に縮めようとしている」と指摘している。(翻訳・編集/霧島)

関連記事

日本、中国、ロシア…、一触即発の東アジア情勢は「新冷戦」に=韓国ネット「植民地シーズン2か」「韓国は日中のおこぼれちょうだいで!」

16日、韓国・国民日報は、領有権争いで東アジア諸国の間にも軍事的緊張感が高まり、世界に新冷戦の雰囲気が漂っていると報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真は東アジアの地図。

Record China
2015年4月18日 7時19分
続きを読む

日本の国産戦闘機・心神になぜモザイク?「モザイクは日本の伝統」「実は模型だとばれないようにするため」―中国ネット

16日、中国の掲示板サイトに「心神の降着装置に何かあるのだろうか?なぜかモザイクがかかっている」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2015年4月17日 13時41分
続きを読む

航空自衛隊のスクランブル、中国は“偶発的な衝突”を懸念=「油を無駄にする非産油国日本」「戦えば中国に勝ち目はない」―韓国ネット

15日、韓国・ニューシスによると、中国の軍事専門家が、日本の航空自衛隊のスクランブル態勢の強化は偶発的な衝突が発生する可能性を高めると主張した。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。資料写真。

Record China
2015年4月16日 16時32分
続きを読む

抗日ドラマが日本のテレビ番組で紹介され笑いものに!=「海外にまで恥をさらした」「抗日ドラマはコメディ」―中国ネット

10日、中国の掲示板サイトに、「抗日ドラマが日本のテレビ番組で紹介され笑いものになっているぞ」と題するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は抗日ドラマ「抗日奇侠」。

Record China
2015年4月13日 22時34分
続きを読む

護衛艦「いずも」就役で東アジアの緊張が高まる、「東アジアの軍拡競争の象徴」と批判―米華字紙

1日、米華字紙ワールドジャーナルは、「『いずも』はアジアに何をもたらすのか」と題した記事を掲載、海上自衛隊の戦力増強により東アジアの軍拡競争が激化し、米国が衰退する中で東アジア諸国に不安をもたらすと伝えた。資料写真。

Record China
2015年4月3日 9時38分
続きを読む

ランキング