役所が不親切な中国と「ある国」、日本と比べると「環境も人もまだまだ発展途上」と実感―中国人妻が見た日本

配信日時:2015年4月22日(水) 12時1分
役所が不親切な中国と「ある国」、日本と比べると「環境も人もまだまだ発展途上」と実感―中国人妻が見た日本
画像ID  463507
17日、日本の区役所は親切だ。中国と全く違い、礼儀正しく笑顔で接してくれる。慣れてくるとそれが当たり前になった。写真は東京タワー。
2015年4月17日、日本に来て4年目の中国人妻・王(ワン)さんは、「ある国」の領事館の対応が不親切で、中国の役所を思い出したと語っている。

その他の写真

友人の多くが「楽しかった」と話すので、どんな国なのか見てみたいと思い旅行を計画し、ビザを取得するため同国の領事館に行った。受付終了の10分前に着いたのだが、書類の記入を完了しないと受付票を発行してくれないため、「間に合わない」と冷たくあしらわれてしまった。質問をしてもたらい回しにされ、結局翌日出直すことになった。

この対応に私は、庶民に横柄な態度を取る中国の役所を思い出した。日本に住んでいると、中国や「ある国」と日本の差を実感できる。日本の役所は、落ち着いた雰囲気や環境で話をすることができ、最後には、「困っていることはありませんか」と親身に声を掛けてくれる。とても、親切で心地よい。

こうした日本の親切な対応に慣れてしまうと、中国的な対応をしている「ある国」の領事館がやたらひどく思えてしまう。大国といわれる中国は、ビザが免除されている国が少なく発展途上であるように、思いやりや親切心の部分でも、日本に比べるとまだまだ発展途上国だといえるのかもしれない。(執筆/高橋大地)

■筆者プロフィール:
1961生まれ、54歳男性、東京都在住。何度もダイエットに失敗してボロボロ。精神的にもろく、弱気な性格。出版社勤務を経て、ASEAN関連情報サイトGlobal News Asiaの運営に携わる。2010年に中国西安出身の女性と知り合い結婚。中国人妻は来日4年目。妻は1972年生まれ43歳、昨年在留カードのステータスが永住になり、日本で小さなビジネスを成功させたいと、好奇心旺盛。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事