Record China

ヘッドライン:

日本の外国人技能実習生受け入れ機関の不正行為、4年連続で増加=賃金不払いが最多―華字メディア

配信日時:2015年4月16日(木) 8時45分
拡大
15日、日本で外国人技能実習生を受け入れた企業や団体による不正行為の確認件数は、技能実習制度が始まった2010年から4年連続で増加した。不正行為の内訳は賃金不払いが最も多かった。写真は東京。
(1/2枚)

2015年4月15日、華字メディア・日本新華僑報網によると、日本で外国人技能実習生を受け入れた企業や団体による不正行為の確認件数は、技能実習制度が始まった2010年から4年連続で増加した。不正行為の内訳は賃金不払いが最も多かった。

その他の写真

法務省は14日、外国人技能実習生を受け入れた企業や団体のうち、昨年1年間で賃金不払いなどの不正行為が確認されたのは241機関だったと発表した。技能実習制度が始まった2010年の163機関からほぼ1.5倍となり、不正行為の確認件数は4年連続で増加した。

不正行為の内訳は、賃金の不払い142件、講習期間中の労働74件、技能実習計画の不履行32件が上位を占めた。(翻訳・編集/柳川)

関連記事

日本の技能実習制度が不人気に、「帰国後にみんなに言いたい、日本には行くなと」―中国メディア

16日、少子高齢化が進み続ける日本では、各業界内で深刻な労働力不足の問題が浮き彫りになりつつある。安倍政権は労働力不足の問題を解決するため、経済成長戦略の中で外国人研修・技能実習制度の受け入れ拡充を提唱している。資料写真。

Record China
2015年1月18日 2時33分
続きを読む

ランキング