これは壮観!人形だらけの淡島神社に「まるでホラー映画」「トイレの花子さんがいっぱい」「日本はやはり変態」―中国ネット

Record China    2015年4月14日(火) 4時28分

拡大

12日、中国版ツイッター・微博で、日本の淡島神社について紹介する投稿があった。奉納された無数の人形を見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は淡島神社。

(1 / 4 枚)

2015年4月12日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本の淡島神社について紹介する投稿があった。

その他の写真

投稿者は、「日本の淡島神社には、さまざまな日本人形が置かれている。ここはひな祭りの発祥地だが、こんなにも日本人形に見つめられると恐い」と、写真付きで紹介した。

淡島神社は、人形供養、針供養、婦人病祈願で知られる神社だが、境内一円には奉納された2万体ともいわれる無数の人形が置かれており、市松人形のほかにもさまざまな種類の人形を目にすることができる。

この投稿に対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「これは恐すぎる」

「これは夜眠れなくなる」

「夜中に見たら超ビックリするな」

「これを見ていると背筋がぞっとする」

「まるでホラー映画だな」

「なんで顔があんなに青白いの?」

「トイレの花子さんがいっぱいだあ」

「日本人形ってものすごく不気味だね」

「身の毛もよだつ感覚に襲われる」

「どうりで日本はホラー映画が多いわけだ」

「日本という国はやはり変態」

「変態国家だな。日本と韓国のどちらの国に対して少しも好感が持てない」

「萌えると思ったのは俺だけか?」

「俺はちょっとかわいいと思ったけど」

「俺は日本のホラー映画を見たことがないからかもしれないが、顔が丸くて、髪の毛が黒くて、目が大きくて、皮膚が真っ白で、かわいい人形だと思うな」(翻訳・編集/山中)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携