Record China

ヘッドライン:

韓国で増え続ける和風、居場所失う江南スタイル=「良いものは受け入れよう」「確かに日本料理はおいしい」―韓国ネット

配信日時:2015年4月12日(日) 23時54分
拡大
11日、韓国・東亜日報は、ソウル・江南駅周辺の通りが最近「第2の東京」と呼ばれていると報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。資料写真。
(1/2枚)

2015年4月11日、韓国・東亜日報は、ソウル・江南駅周辺の通りが最近「第2の東京」と呼ばれていると報じた。

その他の写真

この通りが「第2の東京」と呼ばれるようになったのは、日本スタイルのパブやレストラン、生活用品専門店などが続々と開店したからだ。

一日約100万人の流動人口を誇る江南では、無印良品、ユニクロ、ABCマートなど、日本ブランドのショップを簡単に見つけることができる。裏通りには、日本スタイルのレストランやバーがあり、居酒屋、和風ラーメン店、和風カレー店など、大小の日本スタイルの店舗が軒を連ねている。同地で営業している和風飲食店や日本ブランドのショップは50軒に達する。

「江南駅味の街」商店街のクォン・ジョンヒョン総務は、「(和風の店は)店舗全体の2〜3割近くを占める」とした上で、「最近は日本酒や日本ビールの専門店などを中心に、和風の店舗が増えている」と説明した。

この報道に、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。以下はその一部。

「政治と歴史の問題を抱えていても、日本風の店がはやっているということは、それだけ日本スタイルの競争力と親和性が高いということだろう。政治と歴史には関係なく、日本の漫画の競争力が依然として高いのと同じだ」

「日本といえば無条件に否定するのは無知なことだ。よいものはよい」
「受け入れるべきは、受け入れようではないか。あえてすべてを排斥する必要はない」
「確かに韓国料理より、日本料理の方がおいしい」
「時代の流れを受け入れよう。時間が経てば、また違ってくる」

「一人で食事をするには日本食の店の方がいいね(韓国では複数人で食事をするのが一般的で、一人で食事をしていると、寂しい人と見られる)」
「軽く一人で飲むには、日本スタイルのパブがよい(飲酒の場合も食事と同様、韓国式だと一人で飲むのは一般的でない)」

「だから何だ。けんかを売っているのか」
「いや、江南スタイル(富裕層の多く住む江南地区の豪華できらびやかな暮らしぶり)が伝統的だ」
「江南に長続きする店はない。ただお金があるだけで、愛情持って営業している人は少ない。長くて5年だな。これも流行というだけだ」

「日本が嫌いと言いながら、韓国は、経済状態さえ日本の『失われた20年』に続こうとしている。桜がよいとなれば祭りまで行う。それに今度は『第2の東京』だ。支配されたことは決して誇りにはならないが、日本人より駄目だったという現実を直視するしかない」(翻訳・編集/三田)

関連記事

韓国で日本のビールが大人気!日本での韓国酒の人気は急落=韓国ネット「国民の意識の差だ」「韓国人はツンデレ、本当は日本が大好き」

1日、韓国メディアによると、円安や日韓関係の悪化により、日本で韓国産の酒の販売量が急減している一方、韓国で日本産ビールの販売量は急増している。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は韓国の焼酎。

Record China
2015年4月1日 13時2分
続きを読む

日本の日用品ブランドが韓国市場で攻勢、韓国ネットに激震=「生活用品まで日本に占領される」「愛国心で買えるのは国旗くらいなもの」

18日、韓国・マネートゥデイは、日本の生活用品ブランドが価格攻勢で韓国国内市場攻略のスピードを速めていると報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真は無印良品。

Record China
2015年3月19日 13時16分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング