2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

資源小国の日本が中国に木材を輸出しているってどういうこと?「日本が資源を輸出するなんておかしい」―中国ネット

配信日時:2015年4月12日(日) 8時29分
資源小国の日本が中国に木材を輸出しているってどういうこと?「日本が資源を輸出するなんておかしい」―中国ネット
画像ID  462466
9日、中国の掲示板サイトに、「日本が中国に木材を輸出しているってどういうこと?」と題するスレッドが立った。スレ主の質問に対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。
2015年4月9日、中国の掲示板サイトに、「日本が中国に木材を輸出しているってどういうこと?」と題するスレッドが立った。

その他の写真

スレ主は中国メディアの記事を引用し、「日本木材輸出振興協会によると、2014年に日本から中国へ輸出された木材は約68億円となり、前年比で2倍近く増加した。中国は資源大国で各国へ輸出していて、日本は資源がないから輸入しているはずじゃないのか?なぜ中国は日本から輸入しているのか?」と質問している。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまな回答が寄せられた。

「原木じゃなくて加工済みの木材だろ」
「日本が資源を輸出するなんて何かおかしい」
「そんなのウソだ。俺は信じないし、受け入れられない!」

「中東の石油と同じで、日本にはたくさんあるから売っているだけだろ」
「その木材が放射能汚染されていないかどうかよく検査する必要がある」

「だから現段階で大量の中国人旅行客を日本へ送りこむことは良いことと言えるな」
「中国は世界最大の家具輸出国であり、同時に世界最大の家具消費国でもあるからな。世界中から木材を輸入するのは当然だろ」

「これは戦略的に中国を縛り付けようとしているのだ。中国に対する木材輸出を増やして日本依存にしてから、米国は理由をつけて日本に中国への木材輸出を禁止させる。そうすると中国にはトイレットペーパーすらなくなるという算段だ」(翻訳・編集/山中)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事