2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

冨田尚弥選手の公判、監視カメラの映像を初めて上映=韓国メディアは「検察側は証拠に乏しい」との見方―中国メディア

配信日時:2015年4月10日(金) 10時8分
冨田尚弥選手の公判、監視カメラの映像を初めて上映=韓国メディアは「検察側は証拠に乏しい」との見方―中国メディア
画像ID  462440
9日、騰訊体育によると、韓国でカメラを盗んだ疑いが持たれている競泳の冨田尚弥選手の3回目の公判が行われ、監視カメラの映像が初めて上映された。写真は仁川アジア大会の水泳会場。
2015年4月9日、騰訊体育によると、韓国でカメラを盗んだ疑いが持たれている競泳の冨田尚弥選手の3回目の公判が行われ、監視カメラの映像が初めて上映された。

その他の写真

韓国検察が、冨田選手が犯人である有力な証拠としている防犯カメラの映像がこの日、法廷で上映された。映像は約10分間で、1人の男が記者席に歩いて行き、黒い物体を自分のかばんに入れる様子が映っていたが、裁判官は「映像の人物を特定することはできない。バッグの中に入れた物がカメラかどうかもわからない」と指摘。日本メディアは冨田選手勝訴に希望が見えたと伝えている。

一方で、冨田選手は「アジア系の見知らぬ男が無理やり自分のかばんにカメラを入れた」と証言しているが、公開された映像には1人の男しか映っていなかった。事件を捜査した韓国の警察官は「事情を聴くと、冨田氏はすぐに自分が盗んだと認めた。現場に怪しい男がいたという話は聞いていない」と法廷で証言している。

韓国メディアの多くは、韓国検察側が有力な証拠に乏しいとみている。一方で、検察は依然として冨田の犯行であるとの見方を捨てていないという。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事