実際に行くと必ずガッカリする中国の観光地、それは「少林寺」、お布施の強要や土産物の販売も―香港紙

Record China    2015年4月10日(金) 1時21分

拡大

6日、少林寺はすっかり商業化しており、この地を実際に訪れた観光客は一様に幻滅するという。

(1 / 4 枚)

2015年4月6日、香港紙・文匯報によると、中国河南省登封市の仏教寺院・少林寺は現在すっかり商業化しており、この地を実際に訪れた観光客は一様に幻滅するという。8日付で中国・参考消息が伝えた。

その他の写真

少林寺は河南省登封市嵩山にある名刹であり、少林寺武術の中心地。これまでにも数々の映画のロケ地にもなっていることから、国内外でも人気のお寺だ。だが近年、少林寺は商業施設に変身。清明節の連休期間中には、特別法会をするとの触れ込みで参拝客から1人100元(約2000円)を徴収。20元(約400円)しか出さない参拝客には「皆さん100元出しているので、100元でお願いします」と、僧侶がすごむ。

「お布施の額なんか、出す人の気持ち次第だ」と参拝客は憤慨するが、僧侶たちは平気だ。同寺の参道はお土産品を売る出店や屋台が並び、まるで市場のよう。さらに、寺の本堂や経蔵、境内の各所では、記念品や食べ物、雑誌などを僧侶が販売している。現在の少林寺は、禅の発祥地としての深遠さや曹洞宗の拠点としての風格などをまったく感じさせない、ただの商業施設にすぎない。(翻訳・編集/本郷)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携