Record China

ヘッドライン:

「毛沢東に苦しめられた」=国営テレビ司会者の動画流出!出演番組は放送中止―中国

配信日時:2015年4月9日(木) 15時14分
拡大
8日、中国中央テレビの人気司会者が「毛沢東に苦しめられた」と語った動画が流出したことで、出演番組が4日間にわたって放送中止されることになった。写真は畢福剣。
(1/2枚)

2015年4月8日、国営放送・中国中央テレビ(CCTV)の人気司会者が「毛沢東に苦しめられた」と語った動画が流出したことで、出演番組が4日間にわたって放送中止されることになった。台湾メディアおよび新浪が伝えた。

その他の写真

問題の動画は、CCTVの人気男性司会者・畢福剣(ビー・フージエン)が映ったもの。友人との会食場面で、中国では誰もが知っている文革当時のプロパガンダ楽曲「我愛北京天安門(北京天安門を愛している)」を歌い、さらに毛沢東について「われわれを苦しめた」と語った。これがネット上に流出し、大騒ぎとなっている。

CCTVでは7日、局のイメージを著しく傷つけたとして、畢福剣が出演する番組を8〜12日の4日間にわたって放送中止にすることを発表した。なお、56歳の畢福剣はCCTVを代表する人気司会者の1人。番組プロデューサー・監督としても活躍し、そのユーモアあふれる語り口は愛されキャラとして高い人気を誇る。

ネットユーザーを対象に行ったアンケート調査では、72%が「畢福剣のリアルな心情だ」と回答。「共産党の飯を食べながらよく言える」と批判の声も多い。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング