軍事パレードの目的は本当に日本に対する威嚇だろうか?中国の夢は日本の悪夢とは限らない―中国人学者

Record China    2015年4月6日(月) 6時20分

拡大

1日、チャイナデイリー中国語版は、北京外国語大学の謝韜教授のコラム「中国の夢は日本の悪夢とは限らない」を掲載した。写真は2009年10月1日、中華人民共和国建国60周年の軍事パレード。

(1 / 2 枚)

2015年4月1日、チャイナデイリー中国語版は、北京外国語大学の謝韜(シエ・タオ)教授のコラム「中国の夢は日本の悪夢とは限らない」を掲載した。

その他の写真

中国は9月3日の中国抗日戦争勝利記念日に軍事パレードを予定している。人民日報に「日本を震え上がらせる」との記事が載ったこともあり、日本では軍事的な威嚇だとの懸念も高まっているようだ。だが果たして軍事パレードの目的は威嚇なのだろうか。習近平(シー・ジンピン)体制の反汚職キャンペーンで多くの官僚が失脚した。反発がゼロということはありえない。軍事パレードは習近平総書記の権威を高める効果を狙ったものと見るべきだろう。

もちろん中国の官僚、民衆の多くは日本に恨みを抱いている。必要があれば軍事力で恨みを晴らしたいという気持ちも理解できなくはない。しかしこんな夢は東アジアに新たな破滅をもたらすものでしかない。中華民族の復興という「中国の夢」は日本への報復を土台とするものであっていいはずがない。日中友好を成し遂げることすらできないようであれば、中国の夢など空理空論で終わるだろう。もちろん日本を追い抜くなど夢のまた夢というほかない。(翻訳・編集/増田聡太郎

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携