Record China

ヘッドライン:

日本人が日本元祖だと錯覚している韓国の食べ物=「日本人は歪曲が得意だから」「韓国と日本は似ているところが多い」―韓国ネット

配信日時:2015年4月3日(金) 2時37分
拡大
31日、韓国のインターネット掲示板に「日本が日本元祖だと錯覚している韓国の食べ物」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの間で話題を呼んでいる。写真は明太子。
(1/2枚)

2015年3月31日、韓国のインターネット掲示板に「日本が日本元祖だと錯覚している韓国の食べ物」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーの間で話題を呼んでいる。

その他の写真

問題の食べ物は「明太子」。スレッド主によると、明太子は韓国で生まれた食べ物で、日本で有名になったきっかけは、日本による植民地統治時代に釜山に住んでいたある日本人が帰国後、幼少期に食べた明太子の塩辛の味が忘れられずに作って、販売を始めたことが始まり。彼こそが後に辛子明太子「ふくや」を創業した川原俊夫氏であり、辛子明太子は日本全国から人気を得る福岡名物になったとしている。

これを受け、韓国ネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「日本人は歴史歪曲が得意だから驚きもしない」
「正直言って、どこで名物になろうと関係ないけど、『元祖は日本だ』って主張するのはちょっと…」

「28年間生きてきたけど、一度も明太子を食べたことがない」
「え?むしろ日本人の友達から『明太子の元祖は韓国なんだよ』って教えられたけど?」
「日本のテレビでも、韓国のミョンテ(明太=スケトウダラ)から由来してるって言ってたよ」

「日本のものは全部韓国産ってか(笑)」
「おいしく作ったもん勝ちでしょ」
「元祖は韓国だけど、明太子をよりおいしく継承していったのは日本。韓国では塩辛のみだが、日本では明太子を使った料理も多くて、しかもおいしい」

「こうやって見ると、韓国と日本は文化的に似ている点が多いよね」
「食べ物で争うなんてみっともない。仲良くしようよ」(翻訳・編集/松村)

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング