Record China

ヘッドライン:

中国がアニメ配信サイトを捜査、日本の作品も対象=「子どもに悪影響というが、ならなぜ日本の子どもは礼儀正しい?」―中国ネット

配信日時:2015年4月3日(金) 2時55分
拡大
1/2枚
2015年4月1日、新華社通信によると、中国文化部は「未成年の違法行為や過激な行動を誘発し、ひわいな内容のアニメを提供している」として、土豆、優酷などの中国大手動画サイトのアニメチャンネルを含む複数のサイトを捜査対象に指定した。規則違反に指定されたアニメの中には日本の作品も含まれている。同ニュースに関して中国ネットで大きな反響があり、数多くのコメントが寄せられている。

その他の写真

「この様子だと『進撃の巨人』はもう見られそうにないな」
「捜査を支持する。ただ、国産アニメも全て厳しく取り締まってほしい」

「もう耐えられない。成人している人間が見るものまで国に規制されなくてはいけないのか?こんな国をどう信じろと?どう愛せというのだ!」

「日本のアニメに最も身近で接しているのは日本の子どもだ。日本のアニメが未成年に悪影響を与えるというが、日本の子どもは非常に礼儀正しい」

「どうりで最近コナンを見なくなった。確かに毎回誰かが命を落とす。しかも手口が巧妙だから子供が真似したら大変な事になりそう」

「一部のアニメは子どもに見せるために作られたのではない。ところが中国ではアニメは子どもが見るものと決めつけている」

「素手で日本兵を引き裂く抗日ドラマの方がよっぽど過激だ」

「米国のドラマに規制がかかり、日本のアニメまで取り締まりを受けるのか。国民に頭のいかれた国産ドラマを見ろということだな。国は何を考えているんだ?」(翻訳・編集/内山

関連記事

中国の漫画・アニメ規制強化、ネットで猛反発=「寄生獣が見られなくなったら…」「抗日ドラマの方が過激」

3日、中国文化部が漫画・アニメの過激な内容および、関連の過激なネットの書き込みに対し取り締まりを強化すると発表。これに中国のネットユーザーから数多くのコメントが寄せられている。写真は規制の対象となった中国のアニメ「屍兄」。

Record china
2014年12月5日 3時46分
続きを読む

日本のアニメ「ラブライブ!」のラッピング列車が初登場!ファンは「かなりうれしい」「ワクワクする」と大興奮―重慶市

4月1日、重慶初のアニメのラッピング列車がこのほど重慶地下鉄1号線で正式に運行を開始した。同地下鉄の正式運行が開始されると、「痛列車」を一目見ようと多くのアニメファンが駆けつけた。写真は中国報道。

Record china
2015年4月1日 16時33分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング