Record China

ヘッドライン:

米国に「韓国疲労症」など存在しない―駐米韓国大使

配信日時:2015年3月28日(土) 18時18分
拡大
26日、韓国の安豪栄駐米大使は米国政府関係者の間で広がっていると言われている「韓国疲労症」についてその存在を否定した。資料写真。
(1/2枚)

2015年3月26日、韓国・ニューシスによると、韓国の安豪栄(アン・ホヨン)駐米大使は「日本の歴史問題に関する認識については、米韓両国で一致しており、韓国が過敏になる必要はない」と語り、米国政府関係者の間で広がっていると言われている「韓国疲労症」についてもその存在を否定した。27日付けで環球網が伝えた。

その他の写真

韓国では、米国政府関係者の間で「韓国過労症」がまん延しているというニュースが話題になっている。「韓国疲労症」とは、韓国が歴史問題に関して謝罪を受け入れず、日本に謝罪を要求し続けるため、両国の間を取り持つ米国政府関係者が疲労や嫌気を感じることを指す。

このうわさに関し、安大使は「確かに、カート・キャンベル前米国務次官補(アジア・太平洋担当)が、先日のシンポジウムで疲労感と表現した。ただし、これは『歴史問題に対する日本の疲労感』であって、米国政府に疲労感があるとは語っていない」とし、「取り越し苦労がありもしない疲労感をもたらす可能性もある」と指摘した。

さらに、「米国では日韓の歴史問題に関して、政府から議会、学界からメディアに至るまで、韓国と共通の認識を持っている。日韓の歴史問題に関する立場上で、韓国はもっと自信を持つべきだ」と述べ、「韓国が過敏になる必要はない」と主張した。

また、安倍首相の米議会での演説に関して、安大使は「歴史はありのまま受け入れるべきで、美化しても問題は解決できない。貴重な時期に貴重なチャンスを得た指導者が役割を果たし、世界の人々の期待を裏切らないことを願っている」と語った。(翻訳・編集/秋田)

関連記事

<日韓関係>どれだけ謝罪してもきりがない、日本政治家の「韓国疲れ」―香港メディア

9日、香港・中国評論通訊社は記事「香港メディア:日韓関係は米国の“アキレスのかかと”に」を掲載した。米スタンフォード大学のスナイダー副所長は、日本の政治指導者が「韓国疲労症」にかかっていると指摘する。写真はソウルの独島(竹島)体験館。

Record China
2014年1月12日 12時33分
続きを読む

日米の学者、韓国の歴史問題で対立=韓国ネット「加害者は忘れても被害者は一生覚えている」「日本は反省どころか、韓国を挑発している!」

26日、韓国・文化日報は、慰安婦被害者の研究に関して、米国と日本の歴史学者の間で対立が本格化していると報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。資料写真。

Record China
2015年3月27日 21時10分
続きを読む

ランキング