日本のトンカツVS韓国のトンカツ!おいしいのはどっち?―韓国ネット

Record China    2015年3月30日(月) 7時20分

拡大

29日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本のトンカツVS韓国のトンカツ」と題するスレッドが立った。資料写真。

(1 / 2 枚)

2015年3月29日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本のトンカツVS韓国のトンカツ」と題するスレッドが立った。

その他の写真

スレッドを立てたユーザーは、日本のトンカツについて、「日本では、食べやすいサイズに切られたトンカツが鉄網に乗って出てくる。トンカツや横に添えられたキャベツには何もかかっていないので、客が自分の好みに合わせて、ソースやドレッシングをかけて食べる。ソースにその場ですりつぶしたゴマを振りかけてくれる店もある」と説明。

一方、韓国のトンカツについては「韓国では、大きくて薄いトンカツにデミグラスソースがたっぷりかかって出てくる。横に添えられた黄色いたくあんとコーン、ケチャップがかかったキャベツは必須。そして何より大切なのはコーンスープ。韓国のトンカツに高級なスープは似合わない。コーンスープが最高だ」と書き込んでいる。

この書き込みについて、ほかのネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「日本で食べたトンカツは上品でとてもおいしかった。でも!韓国人の口にはやっぱり、高速道路のサービスエリアなどで売られているトンカツが合う」

「正直、味は日本の方がおいしいけど、親近感と切って食べる楽しさがある韓国のトンカツに一票!」

「日本のトンカツがまずいわけではないが、衣がサクサクし過ぎてて、食べ終わった後に口の中がひりひりする。ソースがたっぷりかかった柔らかい韓国のトンカツの方がおいしい」

「日本のトンカツは見た目も美しい」

「韓国のトンカツは切り分けるのが面倒だし、あらかじめソースがかかっているので早く食べないとべちゃべちゃになる。日本の方がシンプルで良い」

「日本のトンカツの方がはるかにおいしい。初めて食べた時は感動で涙が止まらなかった」

「売国奴と言われるかもしれないが、日本のトンカツの勝利。あのサクサク感が最高だ」

「日本は嫌いだけど、日本のトンカツは好き。ソースも日本の方がおいしい」

「その日の気分によるな。韓国の甘いトンカツが食べたくなる日もあるし、サクッと揚がった日本のトンカツが食べたくなる日もある」(翻訳・編集/堂本

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携