Record China

ヘッドライン:

「賢后 衛子夫」のワン・ルオダンが快進撃、人気俳優との共演作が公開ラッシュ―中国

配信日時:2015年3月27日(金) 15時57分
拡大
26日、中国の若手女優ワン・ルオダンの出演作が、第39回香港国際映画祭に計4本も登場。人気俳優と次々に共演を果たし、快進撃を見せている。
(1/2枚)

2015年3月26日、中国の若手女優ワン・ルオダン(王珞丹)の出演作が、第39回香港国際映画祭に計4本も登場。人気俳優と次々に共演を果たし、快進撃を見せている。捜狐が伝えた。

その他の写真

昨年、日本でも好評の時代劇ドラマ「賢后 衛子夫」で庶民から皇后に上り詰めたヒロインを演じ、迫真の演技で高視聴率をマークした。近年、若手実力派女優の1人として注目されてきたが、その存在感を際立たせるきっかけになったのは、13年に「中国版アカデミー賞」と言われる金鶏奨で最優秀助演女優賞を受賞したこと。今月23日に開幕した第39回香港国際映画祭では、出演作が4本も出品され、快進撃を物語っている。

26日、映画祭で行われた映画「悠長駕期」の製作発表会に出席。こちらは台湾の人気俳優チャン・チェン(張震)との共演作で、今春以降にもクランクイン予定だ。

ダンテ・ラム(林超賢)監督の「破風」では、台湾の俳優エディ・ポン(彭于晏)、中国の俳優ショーン・ドウ(竇驍)らと共演。エディ・ポンとの共演は昨年の「黄飛鴻之英雄有夢」に続き2回目。同作は今年8月に公開予定となる。

映画「看不見的秘密」では、香港の俳優レオン・ライ(黎明)と共演。さらに「宅女偵探桂香」では“女性版シャーロック・ホームズ”を演じ、人気ユニットF4出身のヴィック・チョウ(周渝民)と共演している。人気俳優たちと共演するこれらの作品は、今年下半期に公開される予定だ。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

ランキング