Record China

ヘッドライン:

米動物愛護団体、スープになる運命だった犬を韓国から救出=「犬肉くらいで騒ぐな」「日本はイルカを捕獲して食べているぞ」―韓国ネット

配信日時:2015年3月23日(月) 5時20分
拡大
21日、韓国・SBSニュースは、米国のある動物保護団体が、韓国から犬57匹を飛行機に乗せて救出したと報じた。この話題について、韓国のネットユーザーから多くの声が寄せられている。資料写真。
(1/2枚)

2015年3月21日、韓国・SBSニュースは、米国のある動物保護団体が、韓国から犬57匹を飛行機に乗せて救出したと報じた。

その他の写真

この団体は、救出した犬が、犬肉スープ用に飼育されていたことを明らかにした上で、韓国の犬食文化を批判した。韓国から11時間のフライトの末、米サンフランシスコに到着した犬は15匹で、ソウル郊外の市場で犬肉スープ用に販売される直前に救助された。この団体が救助した犬はこれまでに57匹になるという。

この話題について、韓国のネットユーザーから多くの声が寄せられている。以下はその一部。

「西洋の先進国は、1人当たりの肉消費量が韓国に比べて多いはず。動物保護の話を出すのであれば、家畜を減らさなければならない」

「豚、牛、鶏、アヒル、馬、犬、なぜ差別する?」
「米国農場の牛、豚、鶏も救出してください」

「韓国の犬を救助するくらいなら、中東の難民を助けてやれ」

「犬肉くらいで騒ぐな。韓国は、これでも主権国家だぞ」
「韓国も核武装だ」

「犬たちよ、かの地で幸せに暮らしてくれ」

「日本はイルカを捕獲して食べているぞ。イルカも保護しろ」

「ネイティブアメリカンを多く虐げた者たちが、人道主義で57匹救出だと?」

「犬を食べるな」
「韓国でも犬肉スープ食べる人が減って、犬の値段も下がっている」

「犬肉スープ反対の動物保護団体会員は、もちろんみな、菜食主義者だよね?」(翻訳・編集/三田)

関連記事

犬は食べるべきか?韓国では「夏の風物詩」、批判が集まるも韓国人の情熱は抑え込めず―中国メディア

8日、中国・広西チワン族自治区玉林市で毎年恒例の「犬肉祭り」がネットで議論の的になっており、犬肉を食すことに否定的な意見が多く聞かれている。これに関連して新華社通信は、世界で犬肉を食す国や風習について伝えた。写真は韓国料理。

Record China
2014年6月9日 6時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング