「ウロボロス」最終回に中国人号泣、「ドラマ見て泣いたことなんかないのに!」「ケチャップを見ただけで涙が…」―中国ネット

配信日時:2015年3月22日(日) 2時30分
「ウロボロス」最終回に中国人号泣、「ドラマ見て泣いたことなんかないのに!」「ケチャップを見ただけで涙が…」―中国ネット
画像ID  459848
21日、中国版ツイッター・微博には、ドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。」の最終回を見た中国人ユーザーからの投稿やコメントが相次いでいる。写真は小栗旬。
2015年3月21日、日本の人気ドラマ「ウロボロス〜この愛こそ、正義。(中国名:無間双龍)」の最終回が中国でもネット配信され、これを見たユーザーから中国版ツイッター・微博(ウェイボー)への投稿やコメントが集中している。

その他の写真

「ウロボロス」は中国でも人気が高く、主人公の生田斗真と小栗旬の子ども時代を演じた子役2人が微博の「注目ワード」ランキングでトップ10入りしたほど。生田や小栗についても、過去の出演作まで話題になり、放送回数が進むにつれて注目度がアップしていった。最終回にも大きな期待を寄せていたようで、ネット配信後には関連投稿が相次いだ。以下は中国人ユーザーの感想。

「号泣!」
「ドラマ見て泣いたことのない俺が…」
「ケチャップ見ただけで涙が出る」

「天国で幸せにね」
「もうたっちゃんとイクオに会えないなんて、悲しすぎる」
「(中国でも批判が集中したドラマ『相棒』の最終回と比較して)この結末は納得がいく。悲しいけど」

「『帰ろう、たっちゃん』。う、う、う、うっ…」
「くっそー!微博なんか見るんじゃなかった。ネタバレしてるじゃん!」
「まだ見てないのに!ネタばらしたやつ、警察に通報するぞ!」(翻訳・編集/本郷)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事