【募集中】中国語・韓国語社内スタッフ

格安航空を好むアジア人、でも3つのサービスは諦めたくない―台湾メディア

配信日時:2015年3月18日(水) 20時28分
格安航空を好むアジア人、でも3つのサービスは諦めたくない―台湾メディア
画像ID  459228
16日、オンライン旅行会社エクスペディアグループが発表した格安航空会社(LCC)に関する調査で、アジアの観光客が運賃が安くなっても放棄したくないサービスは「座席で足を伸ばす空間」「トイレ」「手荷物の機内持ち込み」だった。写真は中国の吉祥航空。
2015年3月16日、台湾・中央社によると、オンライン旅行会社エクスペディアグループが発表した格安航空会社(LCC)に関する調査で、アジアの観光客が運賃が安くなっても放棄したくないサービスは「座席で足を伸ばす空間」「トイレ」「手荷物の機内持ち込み」だった。中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

その他の写真

経費節約のためにサービスのやや劣った航空会社を利用しても良いと考えているアジア人観光客の割合は76%だった。国・地域別に見ると、この割合が最も高かったのはタイ人(93%)で、続いて香港人(91%)、最も低かったのはフィリピン人(56%)、インド人(59%)だった。

経費節約のために省略しても良いと考えている機内サービスのトップ3は「エンターテインメントサービス」(56%)、「機内食」(49%)、「枕と毛布」(48%)だった。逆に、放棄したくないサービスは「座席で足を伸ばす空間」、「トイレ」、「手荷物の機内持ち込み」だった。トイレに関しては、「不要である」と答えた割合が最も高かったのはマレーシア人(47%)、最も低かったのは日本人で、わずか2%に過ぎなかった。

LCCを利用したくないケースとして最も多く挙げられたのは「長時間のフライト」と「ハネムーン」だった。このうち、長時間のフライトに関しては、LCCを利用したいと回答した割合が、「飛行時間3時間」の場合は3分の1、「5時間」の場合は23%、「8時間」の場合は7%、「16時間」の場合は1%で、飛行時間が長くなるにつれて利用希望の割合が大きく減少した。

また、「飛行時間3時間」の場合にLCCを選択する割合を年齢別に見ると、「35歳以下」が35%、「55歳以上」は27%で、年齢が高いほどLCCを選択する割合が減る傾向が見られた。(翻訳・編集/秋田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事