【募集中】韓国語社内スタッフ

大胆シーンに初挑戦したTwinsシャーリーン、大阪アジアン映画祭で特別賞―中国メディア

配信日時:2015年3月17日(火) 15時2分
大胆シーンに初挑戦したTwinsシャーリーン、大阪アジアン映画祭で特別賞―中国メディア
画像ID  459087
16日、Twinsのシャーリーン・チョイがこん身の演技を見せた映画「セーラ」が大阪アジアン映画祭で受賞。当初の10分の1のギャラで出演したことが明らかになった。
2015年3月16日、香港の人気ユニットTwinsのシャーリーン・チョイ(蔡卓妍)がこん身の演技を見せた映画「セーラ」(雛妓)が大阪アジアン映画祭で受賞。当初の10分の1のギャラで出演したことが明らかになった。網易が伝えた。

その他の写真

シャーリーン・チョイにとって、アイドルから実力派女優へ脱皮するきっかけとなった映画「セーラ」。このほど閉幕した第10回大阪アジアン映画祭では、審査員特別賞に当たるスペシャル・メンションを受賞。来月、授賞式が開催される香港のアカデミー賞、第34回金像奨でも主演女優賞にノミネートされている。

俳優サイモン・ヤム(任達華)を相手に、素肌を見せて大胆なシーンを演じたことでも大きな話題となった。脚本が気に入ったシャーリーンは、映画の製作費が800万香港ドル(約1億2500万円)と限られているところ、本来のギャラの10分の1に当たる40万香港ドル(約630万円)で出演している。

大阪での受賞について、「日本の観客にも気に入ってもらえるとは思っていなかった」と喜びの声を伝えている。実力派への方向転換を図った問題作だが、興行的にも成功を収めたことで、今後の出演作の「多元化」も口にしている。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事