2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

朴大統領の支持率が42.8%に回復!米大使襲撃事件が影響=韓国ネット「このまま行けば50%以上は確実!」「なぜか嫌な予感…」

配信日時:2015年3月17日(火) 1時46分
朴大統領の支持率が42.8%に回復!米大使襲撃事件が影響=韓国ネット「このまま行けば50%以上は確実!」「なぜか嫌な予感…」
画像ID  458980
16日、韓国メディアによると、韓国の世論調査会社・リアルメーターは同日、韓国の朴槿恵大統領の支持率が40%台に回復したと発表した。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は朴大統領に関する韓国の報道。
2015年3月16日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の世論調査会社・リアルメーターは同日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の支持率が40%台に回復したと発表した。

その他の写真

調査は、9〜13日に全国の成人男女2500人を対象に行われた。朴大統領の支持率は、前回よりも3.5ポイント上がって42.8%となった。40%を超えたのは1月の第1週以来のことだという。この結果について、リアルメーターは、「大邱市と慶尚北道、60代以上からの支持率が大幅に上昇した。従北勢力によるリッパート駐韓米大使襲撃事件が発生したことで、安保問題に敏感な保守支持層が結集したのだろう」と分析した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「……。支持率が上昇した理由の意味がわからない」
「大邱市と慶尚北道の60代以上を対象に調査したようだ」

「朴大統領1人だけが、リッパート大使事件で得をした」
「米大使が襲撃されたことがなんで朴大統領の支持率上昇につながるの?これが歪曲された情報だということは、全国民がわかっているよ」

「このまま行けば50%以上は確実だね。ただ、世論調査に一喜一憂しているようでは、国民に認められる大統領にはなれない」
「朴大統領を支持しているが、朴大統領を気に入っているのではなくて野党が嫌なだけ」
「大統領の支持率が上昇することは良いことのはずなのに…。なぜか嫌な予感がする」(翻訳・編集/堂本
最新ニュースはこちら

SNS話題記事