Record China

ヘッドライン:

福島第1原発の地下水、放射性物質濃度が2日で30倍に=韓国メディアの報道に「本当は深刻なのかも」「日本も韓国も同じ」―韓国ネット

配信日時:2015年3月13日(金) 5時2分
拡大
12日、韓国・聯合ニュースは、東京電力への電話取材で、福島第1原発の汚染水貯蔵タンク近くの地下水で放射性物質の濃度が急上昇していることが明らかとなったと報じた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真は東電。
(1/2枚)

2015年3月12日、韓国・聯合ニュースは、東京電力への電話取材で、福島第1原発の汚染水貯蔵タンク近くの地下水で放射性物質の濃度が急上昇していることが明らかとなったと報じた。

その他の写真

報道は、「福島第1原発の観測用井戸から採取した水を分析した結果、ストロンチウムなどベータ線を放出する放射性物質の1リットル当たりの放射線量は、9日には370ベクレルだったが、11日は1万1000ベクレルとなった。2日間で約30倍に上昇したことになる。地下水に含まれているこれらの汚染物質は最終的に海に流れ込むとみられている」などと伝えている。

これについて、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。

「4年間ずっと放射能が流れ出ている」

「低レベル汚染水といえども、汚染水を継続的に海に流しているのは問題だ」

「土壌の次は飲料水も汚染されてしまうんじゃないのか」

「温泉もだめなのか?」

「日本に旅行するときは、東京は避けた方が良いのかな?」

「いずれにせよ、子供の日本旅行は避けた方が良さそうだ」

「韓国メディアよ、どうしようもない政治や芸能の話ばかりじゃなくて、この福島原発問題のように意味のあるニュースにも目を向けてくれ。最近あまりにも無関心だ」

「日本の水産物の安全性が気になる」

「福島原発の放射能は実際に伝えられているより深刻なのかも」

「なぜ今になって、こんな記事が出てくる?日本政府が隠しているからか?原子力発電所の事故を隠そうとするのは日本も韓国も同じだ」(翻訳・編集/三田)

関連記事

大江健三郎氏、「日本はドイツを見習うべき」脱原発に向けた取り組みが進んでいないと批判―英紙

11日、英紙デイリー・テレグラフによると、ノーベル文学賞受賞者の大江健三郎氏が東京都内の外国特派員協会で記者会見し、東日本大震災から4年を迎えた日本で脱原発に向けた取り組みが進んでいないと批判した。写真は大江健三郎氏。

Record China
2015年3月12日 8時2分
続きを読む

福島第1原発の事故から4年、韓国メディアが現地を取材=「日本の水産物は…」「韓国で原発事故が起きたらアウト」―韓国ネット

10日、韓国・SBS放送は、東日本大震災発生による津波と原子力発電所の事故から4年になる福島を訪れ、現状を報告した。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。資料写真。

Record China
2015年3月11日 13時4分
続きを読む

日本人の10人に8人は今でも原発被害を心配している=韓国ネット「日本観光禁止!危険地域だ」「韓国人はなぜ日本のことが気になるんだろう?」

8日、韓国・聯合ニュースは、日本人10人のうち8人が、福島第1原発の事故から4年が過ぎた今も、当時の事故による健康への悪影響を懸念していると伝えた。これに対し、韓国のネットユーザーから多くの意見が寄せられている。写真は東日本大震災後の福島。

Record China
2015年3月9日 15時53分
続きを読む

「日本の便座を神格化する必要はない!」と、日本を援助した中国自慢の技術を紹介=「よく言った!」「これには励まされた!」―中国ネット

27日、中国メディアの観察者網が、日本の便座を神格化する必要はないと指摘する記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからは喜ぶコメントが多く寄せられた。写真は中国のポンプ車。

Record China
2015年3月1日 8時12分
続きを読む

ランキング