Record China

ヘッドライン:

フィリピン軍補給船、南シナ海の駐屯兵にギター届ける=中国監視船が追跡も妨害なし―比メディア

配信日時:2015年3月13日(金) 13時58分
拡大
11日、フィリピンメディアは、同国が実効支配し、中国などが主権を主張している南シナ海のアユンギン礁の駐屯地へ、同国海軍の補給船が、中国監視船の追跡を受けたものの、補給物資を無事送り届けたと報じた。写真はアユンギン礁(仁愛礁)の位置。
(1/2枚)

2015年3月11日、フィリピンのテレビ局ABS-CBNは、同国が実効支配し、中国などが主権を主張している南シナ海のアユンギン礁(英語名:セカンド・トーマス礁、中国名:仁愛礁)で、駐屯地とする座礁船シエラ・マドレ号に向かった同国海軍の補給船が、中国監視船の追跡を受けたものの、補給物資を無事送り届けたと報じた。12日付で中国・環球時報が伝えた。

その他の写真

届けられたのは、食料のほか、フィリピンの著名音楽家が駐屯兵に贈ったギターなど。ABS-CBNは「1本のギターは、戦争に勝利することはできない。だが、寂しく隔離された環境の中で環礁を守る駐屯兵に付き添うことはできる」と伝えた。

中国船は、フィリピンの補給船に警笛を鳴らし追跡したが、昨年の緊迫した空気とは異なり、妨害などはしなかったという。

フィリピン軍は1999年、アユンギン礁付近にシエラ・マドレ号を座礁させ、実効支配の拠点とした。(翻訳・編集/柳川)

関連記事

「中国へようこそ」=アユンギン礁の記者に、中国通信キャリアからショートメッセージ―比報道官

3日、環球時報によると、フィリピン大統領府の報道官は1日、同国が南シナ海のアユンギン礁へ派遣した補給船に同行した記者が、「中国へようこそ」と記された中国通信キャリアのショートメッセージを受け取っていたことを明らかにした。資料写真。

Record China
2014年4月3日 23時40分
続きを読む

フィリピンによるアユンギン礁不法占拠、絶対に容認しない―中国外交部

29日、中国外交部の洪磊報道官は記者会見で、フィリピンが南シナ海の仁愛礁(アユンギン礁)へ補給船を派遣したこと、さらに一部メディアの記者も同行させたことについて、「仁愛礁の不法占拠を企むいかなる行為も容認しない」と強く非難した。資料写真。

Record China
2014年3月31日 22時46分
続きを読む

日本の海上幕僚長、南シナ海のフィリピン軍基地訪問、中国をけん制=中国ネット反発「この報道見てもまだ日本旅行する?」「残された道は…」

25日、フィリピンを訪問した武居智久海上幕僚長は、南シナ海を望む西部パラワン島の基地を訪問する予定だ。この話題について、中国のインターネット上には反発の声が多く寄せられている。写真は中国による人工島建設が進む南シナ海のクアテロン(華陽)礁。

Record China
2015年2月26日 8時52分
続きを読む

ランキング