Record China

ヘッドライン:

日本旅行で絶対に注意すべきこと=「これを間違えると無数の白い目で見られる」「美女やイケメンがいても…」―中国ネット

配信日時:2015年3月11日(水) 23時47分
拡大
6日、中国のインターネット上に、「日本旅行に行く際の注意点」を紹介する文章が掲載された。写真は中国人観光客。
(1/2枚)

2015年3月6日、中国のインターネット上に、「日本旅行に行く際の注意点」を紹介する記事が掲載された。

その他の写真

日本旅行をする際に注意すべき点として15項目を挙げている。これらを見ることで、中国人が普段、どのような生活をしているのかが垣間見えるだろう。

1.タクシーが高い。飛行機の時間が迫っていても、タクシーには乗らない方がいい。航空券と同じくらいの料金がとられることになるだろう。これは冗談ではない。

2.いかなる商品、サービスにも8%の消費税がかかる。

3.ホテルの価格は平日と週末で異なる。平日は週末のほぼ半額になることもある。

4.フリープランで日本語がわからないなら、中国人留学生に付き添ってもらうといい。時間が半分に短縮できる。

5.日本人は冬にも冷たい水を飲む。レストランに入るとすぐに冷たい水が出される。

6.日本では割と本格的な韓国料理が味わえる。少なくとも中国よりはずっとマシ。

7.屋外では喫煙できるが、必ず指定の喫煙所で吸わなければならない。たくさんの人が集まってたばこを吸っているところがあれば、そこが喫煙所だと思っていい。歩きたばこは絶対にダメだ。

8.電車や地下鉄では携帯電話で通話してはならず、マナーモードに設定しなければならない。優先席の近くでは、電源を切らなければならない。

9.電車や地下鉄には優先席がある。座っても構わないが、お年寄りや体の不自由な人、妊婦さんなどが乗ってきたら席を譲らなければならない。

10.人をジロジロ見てはいけない。いくら美女やイケメンがいても、上から下まで舐めるように見てはいけない。

11.ラーメンをすする時は、勢いよく音を鳴らすこと。ただし、くちゃくちゃと噛む音を立ててはいけない。

12.新宿歌舞伎町の客引きには注意。夜、不案内な場所には行かない方がいい。

13.日本には偽札はない。人の前でお金を調べるようなことは、非常に失礼になるのでしてはいけない。

14.日本のコンセントはすべて2つ穴。中国のパソコンを使う場合は、変換用プラグが必要。

15.エスカレーターに乗る時は片側による。東京は右、大阪は左を空ける。もし逆に立ってしまうと、無数の白い目で見られることになる。

日本を訪れる中国人観光客には日本式のマナーを理解し、尊重してもらい、楽しい思い出と共に帰国してほしいものだ。(翻訳・編集/北田

関連記事

ランキング