日本語が上手すぎた中国人留学生(3/3)=全然おいしくないもんじゃ焼き―中国ネット

Record China    2015年3月12日(木) 12時17分

拡大

9日、中国版ツイッター・微博に、ある中国人がつづった「日本語が上手すぎたことによる体験」が掲載された。写真はもんじゃ焼き。

(1 / 2 枚)

2015年3月9日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に、ある中国人がつづった「日本語が上手すぎたことによる体験」が掲載された。

その他の写真

一番心が温まったのは、商店街の小さな床屋さんでの体験。店主は白髪のおじいさんで、客は僕一人だった。僕は壁に飾られた歴史を物語る写真を見て、おじいさんとおしゃべりをしていた。その間、古い映画のように、ずっと静かで落ち着いた時間が流れた。

おじいさんが僕に「引っ越してきたばかりかい?実家はどこ?」と聞いてきたので、「中国です」と答えた。おじいさんは驚いた様子で「中国・四国の?」と確認してきたので、僕は「China。外国人です」と返事をした。「え?日本に来て何年?」「えっと、3カ月くらいです」「…」。

おじいさんは僕を気に入ってくれ、もんじゃ焼きを作ってくれた。実を言うと全然おいしくなかったが、そんなことを口に出すわけにもいかず、「おいしいです」と言って頑張って食べた。すると、おじいさんは「若いんだからどんどん食べなさい」とさらに大量に焼いてくれ、僕はもう少しで泣きながらもどしてしまうところだった。

言語を学ぶ上で一番誇らしいのは、その言語を母語とする人と会話をしたときに、文化や感情の面も含めて、相手に外国人だと気付かれないことである。(翻訳・編集/北田

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携