Record China

ヘッドライン:

“芸者”チャン・ツィイー、次の標的に!恐るべし反日「アンチファン」の芸能人攻撃―中国

配信日時:2007年8月10日(金) 23時53分
拡大
9日、各国で問題になっている、芸能人を標的にする「アンチファン」組織の攻撃が中国でも激化。映画のなかで日本人芸者を演じたチャン・ツィイーがこれから標的にされるとの情報が。

2007年8月9日、中国国内で最近問題になっている、芸能人を身体的・精神的に攻撃する「アンチファン」組織が、次の標的に女優チャン・ツィイーを選んだとの報道があった。

中国では現在、歌手のクリス・リー(李宇春)がアンチファンの標的にされており、ネットには彼女を誹謗中傷する記事があふれている。レイニー・ヤン(楊丞琳)騒動もアンチファンが引き起こした。最近、広州市内で歌手の韓晶(ハン・ジン)がアンチファンに襲われ、入院する騒ぎとなった。

アンチファンが標的にするのは日本人の役を演じた俳優や日本の歌をカバーした歌手、あるいは日本と何らかの関係がある芸能人だという。張恒(チャン・ハン)は日本人スパイを演じ、韓晶は日本人が経営するクラブに客として入店したという理由で、アンチファンの攻撃に遭っている。

噂では2005年にハリウッド映画「SAYURI」で主役の日本人芸者を演じたチャン・ツィイーが彼らの次のターゲットだという。これが本当なら、チャンも用心しなければならない。(翻訳・編集/本郷智子)

ランキング