中国女子サッカー美人GKが日本で人気、「美しすぎると言っておつりが来るレベル」―中国メディア

Record China    2015年3月10日(火) 13時43分

拡大

10日、サッカー中国女子代表はこのほど、杭州で今年6月開幕のカナダW杯に向けた強化合宿を行った。今回の強化合宿では、90年代生まれの趙麗娜がその清楚なルックスや長身、モデル体型などで急速に人気を集めた。

(1 / 10 枚)

2015年3月10日、サッカー中国女子代表はこのほど、杭州で今年6月開幕のカナダW杯に向けた強化合宿を行った。今回の強化合宿では、90年代生まれの趙麗娜(ジャオ・リーナー)がその清楚なルックスや長身、モデル体型などで急速に人気を集めた。SNSなどで火が着いた趙選手の人気は海を渡り、隣国・日本にまで飛び火した。日本のネットユーザーは趙選手のルックスについて相次いで称賛の声を上げ、「美しすぎると言っておつりが来るレベル」「モデル並みのスタイル」などと書き込んでいる。

その他の写真

日本メディアは「趙麗娜現象」について次のように報道している。「近年、サッカー中国女子代表は、成績においてかつての輝きを取り戻せずにいる。特に、サッカー日本女子が2011年のW杯で優勝して以来、アジアの女子サッカーの覇権は中国から日本へと移っている。しかし最近、サッカー中国女子の成績が再び上向いて来ている。それと同時に、美しいルックスとモデル体型のGKの人気に火が着き、女子サッカーが再び人気スポーツとして人々の視界の中に戻ってきた」。

中国のネットユーザーの中には、趙選手を「ミス・サッカー中国女子代表」と呼ぶ人もいる。これに対し、日本のネットユーザーもこぞって賛同の意を示し、「趙麗娜は非常にルックスが良く、美人すぎる」と書き込む人も少なくない。しかし、それとは別に一部でやゆする声も上がっている。平均身長が比較的低い日本の基準からすると、趙選手の187cmの身長は高すぎる。そのため、あるネットユーザーは「いくら顔が良くても、身長187cmは女性としては怪物だ」としている。(提供/人民網日本語版・翻訳/MZ・編集/武藤)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携