Record China

ヘッドライン:

妻が重病になると離婚しやすく、夫が重病になっても離婚率は変わらず―米研究

配信日時:2015年3月12日(木) 19時54分
拡大
7日、米国の研究によると、妻が重病になった時、婚姻関係は大きな試練にさらされ、離婚に至る夫婦も少なくない。しかし、夫が重病になった時、夫婦の離婚率はこの影響を受けなかった。資料写真。
(1/2枚)

2015年3月7日、米国の研究によると、妻が重病になった時、婚姻関係は大きな試練にさらされ、離婚に至る夫婦も少なくない。しかし、夫が重病になった時、夫婦の離婚率はこの影響を受けなかった。この研究は、米国の学術誌「Journal of Health and Social Behavior」が3月に掲載したもの。同研究を行ったのは、米国アイオワ州立大学の研究者で1990年から20年間を費やして、2701組の50歳以上の夫婦を追跡調査している。研究開始時、夫婦の年齢は少なくとも51歳以上だった。英デイリー・テレグラフの報道を引用して、中国新聞社が伝えた。

その他の写真

研究者は2年に1度これらの夫婦の健康や生活状況の調査を実施した。男性と女性のそれぞれがガンや心臓病、脳梗塞、結核などの4種類の病気になった場合を比較した。研究が終わった時点で、被験者夫婦のうち全体の32%の夫婦が離婚、24%の夫婦が、伴侶が亡くなったことから結婚生活が終わっていた。

調査によると、妻が重病になった時、夫婦の離婚率は妻が健康な状態である場合より6%高かった。しかし、夫が重病になっても、双方の離婚率には変化がなく、夫が亡くなった後も再婚しない妻が多かった。この調査の責任者アメリア・クラーク助教は、病気は通常夫婦関係に深刻な影響を及ぼし、離婚への歩みを加速させる。特に、最大の要因は、金銭問題で、妻が仕事できなくなると、家計も厳しくなる。

当然、伴侶を世話する能力も大きな一因となる。伝統的に女性は家庭の世話を見ることに長けているが、逆に男性は、妻が病気で倒れると、この状況に対応することが難しくなる。(提供/人民網日本語版・翻訳/MZ・編集/武藤)

関連記事

春節後に各地で離婚ラッシュ、若い夫婦が中心―中国

3日、旧正月連休に多くの人が妻や子どもを連れて実家に戻って年越しを迎えた。ところが、こうした一家団らんの年越しの余韻が消えないなか、各地の結婚登録所では連休後初日の営業日に、多くの夫婦が離婚を求めて訪れている。資料写真。

Record China
2015年3月4日 2時12分
続きを読む

ランキング