Record China

ヘッドライン:

中国、武器輸入額が世界5位から3位へ―米メディア

配信日時:2015年3月10日(火) 13時3分
拡大
8日、中国が2014年の国際武器市場における武器輸入額で3位となったことが、米HIS社による世界武器市場の年次モニタリングに基づく報告書で明らかになった。写真は13年8月のモスクワ航空ショー。
(1/2枚)

2015年3月8日、米ボイス・オブ・アメリカ(VOA)中国語電子版によると、中国が2014年の国際武器市場における武器輸入額で3位となったことが、米HIS社が7日に発表した世界武器市場の年次モニタリングに基づく報告書で明らかになった。13年は5位だった。

その他の写真

報告書では「中国は今後もロシアからのミリタリースペース支援を必要としている。中国の防衛装備品の購入予算は急速に増え続けるだろう」としている。

2014年の武器輸入額の上位2カ国はサウジアラビアとインドだった。台湾は13年から順位を1つ下げ5位となった。

報告書では、世界武器市場の貿易額が上昇傾向にある理由として、新興経済国での軍用機需要がかつてないほど高いこと、中東及びアジア太平洋地域の緊張が高まっていることの2つを挙げている。(翻訳・編集/柳川)

関連記事

新兵器導入の日本、軍事費急増の中国=続く東アジアの軍拡競争―英メディア

6日、環球網は記事「軍事費拡大続ける日本と中国、恐ろしい結果につながる可能性も」を掲載した。中国の両会(全国人民代表大会、全国政治協商会議の総称)で2015年度予算が発表された。軍事費は10.1%増と今年も二けたの成長を示した。写真は人民解放軍。

Record China
2015年3月9日 5時40分
続きを読む

ランキング