駐韓米大使のために、韓国人男性が犬肉スープを差し入れ「マカダミアナッツから犬肉に至るまで…」「何と言ったらいいのか分からない」―米国ネット

配信日時:2015年3月10日(火) 6時4分
駐韓米大使のために、韓国人男性が犬肉スープを差し入れ「マカダミアナッツから犬肉に至るまで…」「何と言ったらいいのか分からない」―米国ネット
画像ID  458027
9日、AP通信によると、韓国ソウルで朝食会に出席したマーク・リッパート駐韓米大使が男に刃物で切り付けられ大けがをした事件で、韓国人男性から犬肉のお見舞いが届けられたが病院側が断った。写真はソウルの繁華街。
2015年3月9日、AP通信によると、韓国ソウルで朝食会に出席したマーク・リッパート駐韓米大使が男に刃物で切り付けられ大けがをした事件で、韓国人男性から犬肉のお見舞いが届けられたが病院側が断った。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

その他の写真

マーク・リッパート駐韓米大使は5日、朝食会に出席した際に、男に顔などを刃物で切り付けられ、約80針縫うけがを負った。報道によると、リッパート大使が入院している病院に、70代の韓国人男性が大使を見舞いたいと訪れ、犬肉や海藻の入ったスープを届けたいと述べたという。韓国では患者の手術後の回復のために犬肉を差し入れる習慣があるが、病院側は、患者の健康や安全上の規定により、男性の申し出を断ったという。リッパート大使は愛犬家としても知られており、襲撃事件が起こる前は、大使が飼い犬とともにソウル市内を散歩する姿がしばしば見られていたと伝えている。

この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。

「韓国の“ソウルフード”だね」

「犬の肉はとてもおいしいよ!」

「マカダミアナッツから犬肉に至るまで、韓国というのは驚くべき国だ」

「韓国では最高の外科手術が受けられるから、リッパート大使は回復するだろう」

「犬肉のスープを持って見舞いに訪れた男性は、善良で気遣いのできる人なんだと思う。私は犬の肉は食べたくないが、彼の気持ちには感心している」

「何と言ったらいいか言葉を失う。この韓国人男性は好意で行ったというのは分かるが、大使にとってはぞっとすることだと思う」

「これは文化の問題だからね」

「ワインを差し入れた方が良かったな」(翻訳・編集/蘆田)
最新ニュースはこちら

SNS話題記事