Record China

ヘッドライン:

韓国人男性、愛犬家のリッパート駐韓米大使に犬肉を差し入れ―中国メディア

配信日時:2015年3月8日(日) 12時23分
拡大
8日、マーク・リッパート駐韓米大使がソウル市内で刃物で切りつけられた事件で、韓国人の70代の男性が7日、犬肉とワカメのスープを持って大使が入院する病院を訪れたものの、病院側から丁重に断られていたことが分かった。写真は韓国の犬肉料理。
(1/2枚)

2015年3月8日、中国・新華社によると、マーク・リッパート駐韓米大使がソウル市内で刃物で切りつけられた事件で、韓国人の70代の男性が7日、大使を激励するためとして、犬肉とワカメのスープを持って大使が入院する病院を訪れたものの、病院側から丁重に断られていたことが分かった。

その他の写真

韓国では、手術後の回復に効果があるとして犬肉を差し入れる習慣がある。

リッパート大使は、ソウル市内の邸宅近くで飼い犬の「グリグスビー」を散歩させるなど、愛犬家として知られている。

大使は5日午前、ソウルの世宗文化会館で、韓国人のキム・ギジョン容疑者に顔を切りつけられ、80針を縫うけがを負った。病院側は、9日または10日ごろ抜糸をすると明らかにしている。

韓国の警察当局は6日、キム容疑者を殺人未遂や外国使節暴行、業務妨害の容疑で逮捕した。(翻訳・編集/柳川)

関連記事

波紋広がる駐韓米大使襲撃事件、韓国は対米関係への影響懸念、中国ネットは「米国は自業自得」と冷ややか

駐韓米大使がソウルで男に刃物で襲撃されて負傷した事件が波紋を広げている。韓国は事件が米韓関係に与える影響を懸念し、中国国営・新華社は北朝鮮の反応を報道。米国や中国のネットユーザーも、さまざまなコメントを寄せている。資料写真。

Record China
2015年3月7日 21時26分
続きを読む

ランキング