Record China

ヘッドライン:

流行語「duang」を英メディアも報道、生みの親・ジャッキーは「頭くらくら」―中国

配信日時:2015年3月6日(金) 10時56分
拡大
4日、ジャッキー・チェンのインタビュー動画から飛び出した「duang(ドゥアン)」という流行語に、ジャッキー自身が「頭がくらくらした」と語っている。写真はジャッキー・チェン。
(1/2枚)

2015年3月4日、ジャッキー・チェンのインタビュー動画から飛び出した「duang(ドゥアン)」という流行語に、ジャッキー自身が「頭がくらくらした」と語っている。新華網が伝えた。

その他の写真

今、中華圏で最もホットな流行語「duang(ドゥアン)」は、14年前に出演した「偽」増毛シャンプーのCMについて語るジャッキーの口から飛び出したもの。映像の特殊効果により髪が「『ぼわわ〜ん(duang)』と増えた」と、オリジナルすぎる擬態語で表現。これを加工した動画がネット上に出回り、ネットユーザーに大ウケしたことがきっかけだ。

この「duang」の人気ぶりに海外メディアも目を付け、英BBC局もいち早く報道している。何よりも「duang」には一定の意味がなく、人々が思い思いに使っていることにスポットを当てている。

4日、ジャッキーが「duang」について初めてコメント。自ら発した言葉ながら、「初めて聞かされた時は頭がくらくらした」と語っている。「duang」だけが一人歩きして、ジャッキー本人が知ったのは、かなり世間で知られるようになってからのこと。友人からのメールに「duang」と書かれていたり、会う人に言われたりするたび、「何のことかと思っていた」のだという。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

韓国でソフトバンクのCMが話題に、「なぜお父さんがイヌで長男が外国人?」「本当の家族みたいに思えてくる」

22日、イヌが主人公で、日本のCM好感度1位の座を長年守り続けているSoftbankのCM「白戸家」シリーズが韓国でも話題を集め、「見ているうちに、本当の家族みたいに思えてくるから不思議」などの感想を寄せている。写真はソフトバンクの孫正義社長。

Record China
2014年11月24日 16時38分
続きを読む

ランキング