中国政府「高速成長の終えん」認め政策転換、経済成長目標「7%前後」に引き下げ=物価は「3%」、デフレリスク懸念も―全人代開幕

八牧浩行    2015年3月5日(木) 14時5分

拡大

5日、全国人民代表大会(全人代)が北京の人民大会堂で開幕した。李克強首相が15年の実質経済成長率の目標を14年より0.5ポイント低い「7%前後」とする方針を表明。経済改革を通じた安定成長への軟着陸を目指すことを打ち出した。写真は人民大会堂、

(1 / 2 枚)

2015年3月5日、中国の国会に相当する第12期全国人民代表大会(全人代)が北京の人民大会堂で開幕した。李克強首相が政府活動報告し、2015年の実質経済成長率の目標を14年より0.5ポイント低い「7%前後」とする方針を表明した。公共投資などで高成長を達成してきたこれまでの政策を転換、経済改革を通じた安定成長への軟着陸を目指すことを打ち出した。

その他の写真

李首相は同報告の中で、「改革推進と構造調整を行わなければ、安定した健全な成長を達成するのは困難だ」と指摘、経済構造改革を重視する方針を強調した。成長率目標に関し「必要性と可能性について考慮、客観的な実情に即した」と説明、「中国経済は『新常態(ニューノーマル)』に突入した」と強調し、年2ケタの伸びを続けるような高速成長が終わり、7%前後の中高速成長の時代に入ったとの認識を示した。

14年の実質成長率は7.4%と24年ぶりの低い伸びにとどまり、政府目標の7.5%に届かなかった。中国が経済成長目標を引き下げるのは3年ぶり。景気の安定の重点目標として雇用確保を打ち出し、「都市部で年1千万人以上の新規就業」を目指す。最近伸びが大幅に鈍化している物価上昇率については、抑制目標を14年よりも0.5ポイント下げ、3%前後とした。デフレのリスクも懸念されており、回避できるか注目される。

李首相は、15年の主要な政策課題として、行政の簡素化と権限委譲、金融改革、国有企業改革、金利自由化、人民元の国際化などを列挙した。一方、15年の国防予算(中央政府分)は前年実績比10.1%増の8868億9800万元(約16兆8500億円)と、5年連続で2ケタの伸びとなった。

 

全人代は15日まで開催され、一層の腐敗撲滅、国営企業改革、民間経済部門の自由化などの重点施策が打ち出される。習近平国家主席は権力集中を背景に、2020年までに規制緩和、権限委譲、国有企業改革、経済改革、司法改革、戸籍改革、地方財政改革を断行する構えだ。(八牧浩行

■筆者プロフィール:八牧浩行 1971年時事通信社入社。 編集局経済部記者、ロンドン特派員、経済部長、常務取締役編集局長等を歴任。この間、財界、大蔵省、日銀キャップを務めたほか、欧州、米国、アフリカ、中東、アジア諸国を取材。英国・サッチャー首相、中国・李鵬首相をはじめ多くの首脳と会見。現在、日中経済文化促進会会長。Record China相談役・主筆。東京都日中友好協会特任顧問。時事総合研究所客員研究員。著・共著に「中国危機ー巨大化するチャイナリスクに備えよ」「寡占支配」「外国為替ハンドブック」など。趣味はマラソン(フルマラソン12回完走=東京マラソン4回)、ヴァイオリン演奏。

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携