Record China

ヘッドライン:

旧日本軍の戦艦「武蔵」は第2次大戦の“巨大なモンスター”=中国ネットは「まずい!日本海軍の魂が見つかった!」と危機感

配信日時:2015年3月5日(木) 11時39分
拡大
5日、フィリピン中部のシブヤン海の海底で、旧日本海軍の戦艦「武蔵」の船体が発見されたと伝えられていることに中国ネットが注目している。資料写真。
(1/2枚)

2015年3月5日、フィリピン中部のシブヤン海の海底で、旧日本海軍の戦艦「武蔵」の船体が発見されたと伝えられていることに中国ネットが注目している。

その他の写真

米マイクロソフトの共同創業者で資産家のポール・アレン氏は3日、1944年10月24日にシブヤン海で米軍機の攻撃を受けて沈んだ「武蔵」を発見したとSNSで発言。4日には動画を公開した。このニュースについて、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「カッコイイ!」

「誰の所有物になるの?」

「引き揚げられたら最高!人類が造った怪物を目にできる」

「第2次世界大戦において、『武蔵』はまるで巨大なモンスターだった」

「『武蔵』を捜す余裕があるなら、消息を絶ったマレーシア機を見つけてほしい」

「引き揚げても置く場所がない。そのまま海底に置く方がいいと思う。少なくとも戦争の戒めになる」

「まずい!日本海軍の魂が見つかった。(日本の軍国主義が)復活してしまう!」(翻訳・編集/内山

関連記事

旧日本軍の戦艦「武蔵」、フィリピン中部の海底で発見か=米資産家がツイッターに投稿―海外ネットからも喜びの声

3日、日本メディアの報道によると、米マイクロソフトの共同創業者で資産家のポール・アレン氏がツイッターに、フィリピン中部のシブヤン海の海底で旧日本海軍の戦艦「武蔵」の船体を発見したと投稿した。資料写真。

Record China
2015年3月4日 8時32分
続きを読む

日中が領土問題めぐり「人工島建設合戦」、韓国で焦りの声「我々も乗り遅れるな!」「軍事費拡大すべき」「しかし、どこにそんな予算が…」

2日、日本と中国が領土問題をめぐって「人工島建設合戦」を加熱させていると報じられ、韓国のネットユーザーから「韓国は?」「軍事費を拡大すべきだ」などのコメントが書き込まれている。写真は南シナ海。

Record China
2015年3月5日 7時25分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング