Record China

ヘッドライン:

日本人運転手と中国人ガイドの違い(1/2)=「ツアー客から万雷の拍手が送られた」―訪日中国人

配信日時:2015年3月1日(日) 23時0分
拡大
1/2枚
2015年2月22日、中国のインターネット上に、夏に1週間のツアー旅行で日本を訪れたという教育学者・熊丙奇(シオン・ビンチー)氏の文章が掲載された。以下はその概要。

その他の写真

成田空港まで随行した上海のガイドは、現地で私たちを別のガイドに預けた。日本で永住権を取得した30歳手前の中国籍の男性だった。

私たち一行は観光バスを借り切っていた。日本人の運転手は、最初の3日間は同じ人だったが、最後の日は別の仕事があるということだった。3日目の仕事を終えたとき、バスに乗ったツアー客から彼に万雷の拍手が送られた。彼は笑顔で会釈しただけで、すぐにいつもと同じようにバスを降り、トランクから30人分の荷物を慣れた手つきで運び出した。その日は暑かったので、トランクの中はよりこたえただろう。スーツケースの中の洋服が熱くなっていたほどだ。

この光景は、バスに乗っていたすべての人の記憶に深く刻まれた。この3日間、私たちが朝出発するときには、彼はすでに準備を整え、トランクの中でしゃがんで私たちが荷物を渡すのを待っていた。

3日目の京都でのこと、私が昼食を早めに食べ終えて外に出ると、遠くにいた彼は猛スピードで走ってきて、バスのドアを開けてくれた。午後、ツアーの中の一人がスーツケースから傘を取り出したいと言い、彼はほぼすべての荷物を出さなければならなかった。荷物をすべて元に戻し終えたとき、彼は汗びっしょりだったが、いつも通りほほ笑んでいた。

彼のプロ意識について話すことに、ガイドは不満げだった。運転手は日本では地位が高くないという。われわれの中国の同胞(ガイド)は自分のことを、「会社で最高のガイドで、日本で生活して15年になるが、中国籍を捨てようと考えたことは一度もない」と自己紹介したが、彼への拍手は日本人の運転手に送られた拍手よりもずっと小さかった。(続く)(翻訳・編集/北田

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング