日本でこれやっちゃダメ!日本人は追いかけてくる=世界各国のタブーも紹介―中国メディア

Record China    2015年2月23日(月) 5時30分

拡大

20日、中国のポータルサイト・捜狐に、「日本でもその他の国でも、旅行に行くならこれを忘れてはダメ」と題する記事が掲載された。資料写真。

(1 / 2 枚)

2015年2月20日、中国のポータルサイト・捜狐に、「日本でもその他の国でも、旅行に行くならこれを忘れてはダメ」と題する記事が掲載された。

その他の写真

海外旅行に行く中国人はますます増加しているが、旅行を楽しむのと同時に、必ず現地の習慣を尊重しなければならない。さもないと、問題が起きたり、中国人のイメージに傷が付いたりする。

■日本

1.時間厳守

日本人は時間を守ることを非常に重視する。日本人と約束したら絶対に遅刻しないようにしよう。

2.チップ不要

タイなどの国と違い、日本にはチップの習慣がない。小銭を残して席を立つと、日本人は走って追いかけてくる。

3.いつでも靴を脱ぐ準備を

日本人は極めてきれい好き。ある場所で日本人が靴を脱いでいるのを見たら、それに倣った方がいい。

4.知り合ったばかりの人に抱きつかない

恥ずかしがりやな日本人は、ハグすることを好まない。特に老人はそうだ。お辞儀しておこう。

■タイ

1.頭をなでない

仏教を信仰するタイでは、頭は魂が宿るところ。みだりになでてはいけない。

2.王室を尊重する

タイで王室を侮辱すると、逮捕される可能性がある。政治や王族、宗教の話題は避けた方が無難だ。

ロシア

1.現金を持っていく

クレジットカードに頼ってばかりではいけない。現金しか受け付けないという場所がたくさんある。

2.偶数の花を贈らない

ロシアでは偶数の花を贈るのは葬式のときだけ。

■シンガポール

1.罰金に注意

シンガポールでは、さまざまな理由で罰金を払うことになるかもしれない。野鳥にえさをやる、地面に痰を吐く、立ち小便、喫煙、ペットの散歩、公共の乗り物での飲食、ポイ捨てなどだ。罰金が高額になることも。

2.ガムに注意

シンガポールではガムの販売や持ち込みは禁止。唯一、医療用のガムの購入は認められているが、登録しないと購入できない。

■ケニア

1.宗教を蔑視しない

ケニア人の7割以上はキリスト教徒と言われる。神を信じるかと聞かれても気にしないこと。彼らにとっては普通のことなのだ。

2.時間の概念を捨てる

一部のビジネスや銀行業務を除いて、ここでは時間通りに事が運ぶことがない。現地人の遅刻は怒ったりイライラしたりせずに許してあげよう。「郷に入っては郷に従え」である。

■インド

1.公然わいせつに注意

カップルが公共の場でキスをすると、公然わいせつ罪で逮捕される。

2.異性の身体的接触は避ける

インドでは多くの場所で、抱擁や握手は嫌がられる。現地人が求めてきたとき以外は避けた方がいい。

■フランス

1.ベジタリアンは多くを望むな

フランスは他国に比べてベジタリアンが少なく、“特別待遇”が受けにくい。

2.金の話はしない

高いとか安いの話はしても構わないが、具体的な値段の話をしてはいけない。フランスはお金に関するタブーが多く存在する。

■ドイツ

1.他人を凝視しない

素養がなく、無礼とみなされるか、頭がおかしいと思われる。

2.親密にし過ぎない

ドイツ人はゆっくりと交流を深めることを望む。(翻訳・編集/北田

この記事のコメントを見る

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携