Record China

ヘッドライン:

「日本では当たり前だけど、中国ではとてもぜいたくなこと」「俺の実家の方が…」=訪日中国人旅行者の“報告”にさまざまな声―中国ネット

配信日時:2015年2月23日(月) 6時35分
拡大
20日、中国版ツイッター・微博で、日本旅行に来た中国人旅行者による、日本の空がいかに青いかを伝える投稿があった。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は東京の青空。
(1/2枚)

2015年2月20日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、日本旅行に来た中国人旅行者による、日本の空がいかに青いかを伝える投稿があった。

その他の写真

投稿者は日本で撮影した青空の写真を数枚掲載し、「今回の日本旅行で最も印象的なのは、日本の空がとにかく青いことだ。飛行機の窓から見た空も、横浜のホテルの窓から見た空も、横浜から東京に行く途中の空も、満天の青空だ」と、驚きをつづっている。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。以下はその一部。

「資本主義国の空はこんなにも青いのか」

「うらやましくてたまらない!中国もこのような空になることを願うよ」

「東洋文明が最も良く保存されていて、国民の民度が世界一のところだね」

「中国にだって青空はある!」

「俺の実家の方がきれいだけどな」

「日本は四方を海に囲まれているから青く見えるだけだ」

「なんといっても日本は先進国だからなあ」

「これは日本ではごく当たり前のことだけど、中国ではこれがとてもぜいたくなことになる」

「日本は工場をみんな中国に移動して汚染しているんだ。日本の空が青くならないわけがない」

「たとえ中国がスモッグでまみれていても、日本の青い空はいらない!愛国は必須でしょ」

「ずっと前は俺もこういう環境の中で生活していたのだが」

「もうこういうことは伝えないでくれるか?知らない方が幸せなんだよ。知ってしまったら恨みがましくなってしまう」(翻訳・編集/山中)

関連記事

大気汚染対策、日本からの支援に難色…庶民からも警戒心むき出しのコメント殺到―中国版ツイッター

2日、大気汚染が中国で深刻な問題となっており、その原因となっている超微粒子「PM2.5」が日本にも飛来しているが、石原伸晃環境相によると、日本が申し出ている技術協力に対し、中国は難色を示している。写真は今月1日、青空を見せた北京市。

Record China
2013年3月5日 2時18分
続きを読む

ランキング