Record China

ヘッドライン:

中国の新型原潜093Gは空母キラーとの露メディア報道に、「米国をお仕置きしよう」「中国は軍事で米国を超える」の声―中国ネット

配信日時:2015年2月23日(月) 1時55分
拡大
19日、中国メディアの新浪が、ロシアメディアの報道を引用し、中国の新型原子力潜水艦093Gは空母キラーとなり得るとし、少なくともあと10隻は建造する必要があると報じた。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
(1/2枚)

2015年2月19日、中国メディアの新浪はロシアメディアの報道を引用し、中国の新型原子力潜水艦093Gは空母キラーとなり得るとし、少なくともあと10隻は建造する必要があると報じた。

その他の写真

新浪は093Gについて、「速度と機動性が大幅に向上し、ノイズは大きく抑えられた。射程300キロメートルの対艦ミサイルを搭載できるため、対空母攻撃力、及び遠距離爆撃機と水上艦の能力をも向上させることができる。また、遠距離弾道ミサイルを搭載できるので、敵国の地上目標も攻撃できる」と伝えた。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「あと60隻は必要だろ」

「強大な軍隊と装備がない限り、平和な日々は訪れない」

「強い国防がないなら大国としての印があるとは言えない」

「国に何が欠けていたとしても、先進的な軍備が欠けていてはならない」

「中国は近い将来、経済と軍事において米国を超えると信じている」

「米国にはちょっときついお仕置きをしておかないとな」

「中国はいつになったら米国を圧倒するような軍事力を持てるのだろうか」

「軍拡競争はソ連と同じ道をたどるよ。同じ過ちを繰り返してはならない」

「原子力潜水艦なんて数隻あれば十分だ。敵が核攻撃した時に48時間以内に核による反撃ができればそれでいい」

「量産する必要はない。ちゃんと研究開発と軍事訓練をすればよい」

「093Gは他国の対空母には使えるが、米国の対空母には使いものにならない。米国空母の防御システムをよく調べれば分かることだ」(翻訳・編集/山中)

関連記事

ランキング