アンジャッシュのネタが“また”パクられる=脚本家は「知らない、ゆっくり新年を迎えたい」―中国メディア

配信日時:2015年2月19日(木) 15時51分
アンジャッシュのネタが“また”パクられる=脚本家は「知らない、ゆっくり新年を迎えたい」―中国メディア
画像ID  455698
19日、騰訊娯楽によると、中国国営テレビ局が放送した春節の年越し番組で、中国の人気漫才師が演じたコントが日本のお笑いコンビのネタのパクリだと指摘されている問題で、ネタを作った脚本家が騒動について語った。
2015年2月19日、騰訊娯楽によると、中国国営テレビ局が放送した春節(旧正月)の年越し番組で、中国の人気漫才師・馮鞏(フォン・ゴン)らが演じたコントが日本のお笑いコンビのネタのパクリだと指摘されている問題で、ネタを作った脚本家が騒動について「知らない」と語った。

その他の写真

中国の年越し番組「春節聯歓晩会」で馮鞏らが演じたコント「綿入れの上着」は、人物設定などに若干の違いはあるものの、日本のお笑いコンビ・アンジャッシュの「そば屋と婚約者」とそっくりであるとネット上で話題となった。この年越し番組は数年前にも、アンジャッシュの「面接」というネタと非常によく似たストーリーのコントを放送し、物議を醸している。

これについて、コントの脚本を書いた高暁攀(ガオ・シャオパン)氏は取材に対して、「自分の出番が終わってからは、友達との集まりに行った。そんな騒動は知らないし、ネットのコメントも気にしていない。今はゆっくりと新年を迎えることだけを考えているよ」と述べた。

これに対して、ネットユーザーからは「作品には適度な模倣は認められるべき。彼らはみんなを楽しませようとしただけだ。そんなに厳しくする必要があるのか?」と擁護する声がある一方、「創造性の枯渇は怖くない。だが、自らに創造性がないのを棚にあげた上に、外国のコントならわからないだろうと国民をバカにして盗作に及んだ行為は、恥知らずだ」と非難する声もあがっている。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事