Record China

ヘッドライン:

再公開の「ラヴソング」は「我が子」、ピーター・チャン監督が秘話を語る―香港

配信日時:2015年2月20日(金) 21時50分
拡大
17日、19年ぶりに再上映されている恋愛映画の名作「ラヴソング」について、ピーター・チャン監督が語った。
(1/2枚)

2015年2月17日、19年ぶりに再上映されている恋愛映画の名作「ラヴソング」について、ピーター・チャン(陳可辛)監督が語った。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

レオン・ライ(黎明)とマギー・チャン(張曼玉)主演の「ラヴソング」は、香港返還を背景に、中国から夢を抱いて香港へ働きに来た男女の運命に翻弄(ほんろう)される愛を描くもの。96年に公開され、翌年には米タイム誌による「年間映画トップ10」の第2位に選ばれた。

デジタルリマスター版が、今月13日から上映されている。チャン監督によると、修復に乗り出したのは13年にベネチア国際映画祭で上映されたのがきっかけ。「旧作で再び稼ぐための修復では?」との世間の声についてチャン監督は、版権の関係で自分にお金が入るわけではなく、「ラヴソング」はあくまで「我が子」としていとおしんでいるからだ、と語っている。

チャン監督によると「ラヴソング」は、レオン・ライに出演を取り付けてから脚本制作にかかったもの。香港スターのレオンだが、出身は北京で「北方の人」という雰囲気があるため、そのイメージに合わせた映画を目指したという。

作品が生まれ変わり、再び公開されることを聞いたマギー・チャンは、「私たちが最もいい時期に作った、最もいい映画だから」と語り、喜んでいたという。ヒロインについては当初、同じく北京出身のフェイ・ウォン(王菲)に白羽の矢を立てたが、かなわなかった。その後、数々の中国人女優から物色したが、どれもイメージに合わず。最終的にマギーに決めたのは、「彼女の演技力が空白を埋めてくれる、との期待感があったから」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング