2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「たとえマナーが悪くても…」と日本人の対応を絶賛=「同胞に恥ずかしくなることもあった」―中国ネット

配信日時:2015年2月20日(金) 6時40分
「たとえマナーが悪くても…」と日本人の対応を絶賛=「同胞に恥ずかしくなることもあった」―中国ネット
画像ID  455439
16日、中国のインターネット上に、日本を旅行した中国人女性のブログが掲載された。資料写真。
2015年2月16日、中国のインターネット上に、日本を旅行した中国人女性のブログが掲載された。女性は日本人の礼儀正しさに注目している。

その他の写真

日本人は、私が見た中で最も礼儀正しいと言っていい。この礼儀正しさは、相手の民族や性別、年齢や社会的地位に左右されないものだ。デパートの販売員も、スーパーのレジ係もホテルの従業員も、免税店の担当者も、東京タワーのエレベーターの案内係も、皇居の前の警備員も、みんな私たちに礼を尽くしてくれた。

彼らの謙虚な態度は、私たちに自分が神様であるかのような感覚を与えるだけでなく、私たちにも彼らに対して敬意を払わせるものである。なぜなら、彼らのもてなしや笑顔は心からのものであり、謙虚さは自信の表れでもあるからだ。

香港人や欧米人が中国人観光客に対して向けるような軽蔑や嫌悪の視線は、日本では絶対に感じることがない。たとえマナーの悪い中国人がいたとしても、彼らは高い忍耐力と包容力で対応する。私はそうした同胞たちの行為に、恥ずかしくなることもあった。(翻訳・編集/北田
最新ニュースはこちら

SNS話題記事