Record China

ヘッドライン:

宮崎駿氏「やめた方がいい」、フランスの風刺画問題で持論=「まさに私が言いたかったこと!」「理想主義では世界は救えない」―中国ネット

配信日時:2015年2月17日(火) 13時3分
拡大
16日、日本のアニメーション映画監督・宮崎駿氏が風刺画問題で持論を述べ、中国のネットユーザーが注目している。写真は宮崎駿氏。
(1/2枚)

2015年2月16日、日本のアニメーション映画監督・宮崎駿氏が風刺画問題で持論を述べ、中国のネットユーザーが注目している。

その他の写真

宗教的な風刺画を掲載したフランスの週刊紙「シャルリー・エブド」が、過激派組織に襲撃された問題について、宮崎氏は16日に放送されたラジオ番組の中で「風刺画はまずもって自国の政治家に対してやるべきであって、他国の政治家に対してやるのはうさんくさくなるだけです」と指摘した上で、「異質の文明に対して、人が崇拝しているものをカリカチュア(風刺画)の対象にするのは、僕は間違いだと思う。それはやめた方がいいと思いますよ」と述べた。

これに対して、宮崎氏のファンも多い中国のネットユーザーからは、以下のようなコメントが寄せられた。

「宮崎さんに、いいね!」

「そうさ。だから宮崎駿は、日本政府を皮肉るんだ」

「異なる文化の表現方法も尊重すべきだ。フランス文化とは批判と風刺を得意としている」

「フランスの風刺文化を尊重してきた結果が、あの襲撃事件じゃないのか」

「まさに私が言いたかったことだ。いたずらに宗教指導者を茶化すのは恥知らず。もし誰かが孔子を茶化したら、みんな分かるだろう」

「イスラム教徒は(風刺画が)気に入らないなら、風刺画を描いて応戦すればいい」

「(宮崎氏への反対意見に対して)宮崎さんが言っているのは文明。文明のほかに批判や風刺できるものがないというのか?頭動かして考えてみろよ」

「宮崎駿は大好き。だが、理想主義では世界は救えない」

「風刺も他国が崇拝する文明だ。どうして仏教やキリスト教の風刺はよくて、イスラム教だと人が殺されるんだ?」

「人と人との間には尊重が必要。尊重がなければ恨みが生まれやすい」(翻訳・編集/北田

関連記事

フランスで中国人テーマの風刺画、中国紙が批判「すべての人がフランス人のユーモアを理解するわけではない」

17日、環球時報はフランスの風刺誌フリュイド・グラシアルが掲載したパリにあふれる中国人をテーマにした風刺漫画「黄禍はすでに到達、遮断は遅すぎたか?」について論評した。写真はフランスで行われた反テロ行進。

Record China
2015年1月17日 14時40分
続きを読む

ランキング