2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

中国語で「羊年」と言うけれど…これってヤギ?!中国の旧正月前に海外メディアが英訳で頭悩ます―中国紙

配信日時:2015年2月17日(火) 19時53分
中国語で「羊年」と言うけれど…これってヤギ?!中国の旧正月前に海外メディアが英訳で頭悩ます―中国紙
画像ID  455379
16日、環球時報によると、中国の旧正月が目前に迫る中、欧米メディアが中国語の「ひつじ年」をどう英語に訳すかで頭を悩ませている。資料写真。
2015年2月16日、環球時報によると、春節(旧正月)が目前に迫る中、欧米メディアが中国語の「ひつじ年」をどう英語に訳すかで頭を悩ませている。

その他の写真

中国語では「羊年」と表現されるが、それが中国語の「綿羊(ヒツジ、めん羊)」なのか、「山羊(ヤギ)」なのか、あるいは大きな角を持つ雄羊や星座の白羊宮を示す「公羊(ラム)」なのかで混乱しているという。英紙のマンチェスター・イブニング・ニュースは「西洋人にとって角とひづめのある動物の種類は多すぎる」とコメント。別の新聞社は「中国のヒツジとヤギの年が間もなく始まる」という表現にしたという。

このほか、米CNNもこの問題を取り上げており、香港大学教授のコメントを紹介。この教授は「中国語の『羊』はこれらの動物の総称」としつつも個人的には「山羊」だと思うと述べ、理由として「羊」という漢字は上部に角があり、これがヤギをイメージさせると説明した。CNNはさらに記者を香港に派遣して取材するなどしており、結果として中国はアジアのその他の地域に比べ「羊」がどれを指すかが曖昧で、ベトナムはヤギ、韓国は角の大きい雄羊、日本はめん羊を指す傾向にあるとまとめた。(翻訳・編集/野谷
最新ニュースはこちら

SNS話題記事