かっぱえびせんの元祖は日本?韓国?=韓国ネット「まねして何が悪い?」「言い訳もひどい…」

配信日時:2015年2月6日(金) 22時32分
かっぱえびせんの元祖は日本?韓国?=韓国ネット「まねして何が悪い?」「言い訳もひどい…」
画像ID  454101
6日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「かっぱえびせんの元祖」と題するスレッドが掲載された。写真はソウル。
2015年2月6日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「かっぱえびせんの元祖は日本?韓国?」と題するスレッドが掲載された。

その他の写真

スレッドを立てたユーザーは、「韓国で人気のお菓子『セウカン』。その元祖は日本のカルビーのかっぱえびせんらしい(えびせんを韓国語に直訳するとセウカン。名前も中身もまったく同じ…)。セウカンを販売している会社が、パクリ疑惑を否定した時に言った言葉が『商品を開発した当時、社長の娘がアリラン(朝鮮の代表的な民謡)を間違えて“アリカン〜アリカン〜”と歌ったことからヒントを得た』だ…。韓国にパクリ大国の中国を責める資格はない」と書き込んでいる。

この書き込みに、ほかのネットユーザーが以下のようなコメントを寄せている。

「韓国は日本をパクり、中国は韓国をパクる」

「日本も米国をまねして大きく成長したんだ。まねして何が悪い?」

「韓国で売られているお菓子の中にオリジナルの商品がいくつある?ほとんど日本のパクリでしょ」

「完全にパクリだ。『ペペロ』も日本のポッキーとまったく同じ」

「言い訳もひどい…。恥ずかしい」

「日本人の友達が『韓国が日本のお菓子を自分のものだと主張している』と嘆いていた。日本のものを盗んでばかりいると、『竹島は日本の領土なのに、韓国が自分のものと主張している』と言われても反論できなくなる」

「いまさら驚くことでもない。おいしければいいでしょ!」

「韓国では『パクリじゃない』と言えば、オリジナル商品になる」(翻訳・編集/堂本
最新ニュースはこちら

SNS話題記事