Record China

ヘッドライン:

韓流グループEXOのルハン、「ラヴソング」主題歌MVを初公開―中国

配信日時:2015年2月5日(木) 12時21分
拡大
4日、ピーター・チャン監督「ラヴソング」の主題歌MV発表イベントに、韓国の人気ユニットEXOのルハンが出席した。
(1/4枚)

2015年2月4日、ピーター・チャン(陳可辛)監督「ラヴソング」の主題歌MV発表イベントに、韓国の人気ユニットEXOのルハン(鹿[日含]/ルー・ハン)が出席した。新浪が伝えた。

その他の写真

96年に公開され、チャン監督の代表作になった映画「ラヴソング」は、レオン・ライ(黎明)とマギー・チャン(張曼玉)が主演。大きな夢を抱き、中国から香港へ働きに来た男女が運命に翻弄される愛を描く。映画の舞台と同じく、当時は香港返還の前夜で、前年に他界したテレサ・テンの代表曲「[舌甘]蜜蜜」を映画タイトルと主題歌に使ったこともあり、大ヒットを記録。97年、米タイム誌による「年間映画トップ10」2位に選ばれた。

デジタルリマスター版が来月13日から中国で公開される。生まれ変わった「ラヴソング」の主題歌を歌うのは、EXOの華人メンバーのルハン。4日、北京でMV発表イベントが行われた。

MVでは、ルハンが白いシャツ姿にすっぴんで登場。静かな演奏に合わせ、ほぼアカペラ状態で歌い、これ以上ないほどのシンプルさとなっている。撮影当日は目の下のクマが気になっていたが、完成したフィルムを見てほっとしたという。恋人にささやくような歌声については、「恥ずかしかった」と語っている。

チャン監督はルハンについて、「当時のレオン・ライのような美しさと、ピュアなものを感じる」とコメント。音楽プロデューサーのドウ・ポン(竇鵬)は楽曲について、「何も足さず、一切の飾りもなく、素のままの表現を追及した」と語っている。(翻訳・編集/Mathilda

関連記事

韓流アイドルの父親は親日派?うわさ流した人物特定できず書類送検=韓国ネット「親日派が韓国を掌握する」「高木正雄の娘が大統領を務める国だし…」

15日、韓国と中国出身のメンバーで構成される男性アイドルグループ・EXOのリーダー・SUHOさんの父親が親日派だとのうわさを流したネットユーザーを告訴した問題で、ソウル江南警察は書類送検する方針を固めた。写真はEXO。

Record China
2015年1月15日 21時50分
続きを読む

ランキング