Record China

ヘッドライン:

ソウル市が東京都と道路陥没防止の技術協力で合意―韓国ネット「こういう時、日本は頼もしい」「ソウル市が教えられることは…」

配信日時:2015年2月3日(火) 12時34分
拡大
2日、韓国メディアによると、韓国・ソウル市が日本の道路陥没防止技術を積極的に導入し、事後対応型だった道路陥没への対応を未然防止型へ転換する。これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。写真はソウル。
(1/2枚)

2015年2月2日、韓国・聯合ニュースによると、韓国・ソウル市が日本の道路陥没防止技術を積極的に導入し、事後対応型だった道路陥没への対応を未然防止型へ転換する。

その他の写真

東京では毎年約1000件の道路陥没が見つかるが、事故につながるケースは1%未満と、道路陥没防止技術は韓国より20年以上進んでいると評価されている。

同日、1日から日本を訪問中の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は、昨年道路が陥没した東京都内の現場を視察し、東京都と「道路陥没対応業務技術協力に関する行政合意書」を交わした。これにより、東京都の陥没道路の調査方法や復旧についてのノウハウなどと、ソウル市が自己開発した舗装路面のくぼみを発見するノウハウなどを共有することになる。

これを受け、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

「お互いに学ぶと言うけど、ソウル市が東京都に教えられる技術なんてあるのか?道路が陥没しても放置しておく勇気を教えるつもり?」

「本当に対策する気があるの?ただ日本観光に行きたいだけじゃない?」

「日本にまで行って来たんだから、今後はシンクホール(陥没穴)で市民が犠牲になったなんてニュースが流れないことを願う」

「知っていても行動しなければ何の意味もない」

「ソウル市長は税金の無駄遣いばかり」

「市民のために頑張っているふりをしているだけ。政府にお金を要求するだけで、学んだことは一つも実践しないだろう。この人はソウル市長の器じゃない」

「こういう時、日本は頼もしいと感じる。いつシンクホールに落ちるかという不安から早く解放されたい」(翻訳・編集/堂本

関連記事

日韓知事会議に島根県知事が初めて出席!「いろいろな分野で交流を…」=韓国ネット「まずは竹島の日を廃止して」「日韓関係悪化の原因は日本にある」

30日、韓国メディアによると、島根県の溝口善兵衛知事が「日本と韓国が互いに尊重し合えば、それが両国の関係に反映される」などと発言した。これを受け、韓国のネットユーザーからは批判的なコメントが寄せられている。写真は竹島。

Record China
2015年2月2日 21時4分
続きを読む

カメラ窃盗事件、競泳冨田選手が「韓国警察の取り調べに問題があった」と主張=韓国ネット「韓国で捕まって良かった」「韓国の法律を見抜いている…」

2日、韓国メディアによると、韓国人記者のカメラを盗んだとして略式起訴され、罰金を支払った日本競泳男子の冨田尚弥選手が、無罪を主張して起こした裁判の第2回公判が行われた。これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真は競泳会場。

Record China
2015年2月2日 23時39分
続きを読む

ランキング